ずしゃだちの煎茶

| コメント(4)


_DSC2332.jpg

標高800mという、日本では限界に近いところで作られている煎茶です。例の、ずしゃだちです。このあたり、限界集落で、どんどん茶畑が放棄されている。ここはかろうじて残ってます。でも、平地の新茶シーズンには、こんな寒いところの新芽はみんなヤラれてしまうので、山の新茶は7月です。平地では二番茶の時期なので、山のお茶は安く買い叩かれてしまう。

日本茶の値段というのは、正直品質とは比例しておりません。一般的に業界では、早積みほど値段が高くなる傾向がありますが、早く摘まれると言うことは茶園の標高が低いことを意味しており、品質の点では好ましくありません。

実際、同じ地域内であれば一番茶の茶摘みの時期が遅いほど、茶園の標高が高いことを意味しており美味しいお茶が出来ます。このため、日本の閉鎖的なお茶業界の矛盾を逆手に上手に利用することで、美味しいお茶が安い値段で入手できるのです。

山のお茶は安くて美味しいんだが、日本では問屋がみんな混ぜてしまうので、こんな素晴らしいお茶も、平地の安い、不味い二番茶とMIXされて売られる。流通が狂ってる。日本では、「ナントカ農園の春摘み茶」とか表示して売る風習がない。お茶は、お茶、それだけ。産地も「静岡」とか、それだけ。それこそ、味噌も糞も一緒、というヤツだw 

さて、淹れ方です。北条さんによると、こういう山の煎茶は、「わざと高温で淹れるのが、個性が際立って良い」そうで、お湯の温度は90度です。おいらの愛用している自家製急須は150mlなので、茶葉は4g。一煎目は20秒の抽出です。二煎目からは、「お湯は通すだけ」だそうで、入れたら待たずにすぐに注ぐ。何煎でも淹れられます。日本茶はすぐに出尽くしてしまうんだが、これは四煎くらい行ける。合計600ml。温かいまま飲むと、ほどよい苦味があり、香り高く、喉越しに深い余韻があって、たしかに平地の「ヤブキタ深蒸し」とは違う。最近ではみんな「旨味、旨味」と言うんだが、おいら、お茶にはアミノ酸の旨味より、豊富なミネラル分による、喉越しの余韻を求めたい。つうか、「旨味」は作れるのだ。テンコ盛り肥料をやって、窒素肥料漬けにすれば、アミノ酸の旨味の強いお茶が出来る。けれど、それだけ。喉越しの深い余韻は感じられない。もちろん、同じずしゃだちでも、作る人によって性格の違うお茶になる。他にもサンプル預かっているので、テイスティングは続きます。

コメント(4)

ひーちゃんの通風の薬袋にしか見えない件w
もっとカッコ良いw袋にしようずwww

これは生産者が問屋さんにサンプルを送る時に使う袋です。
一般消費者が目にする機会はほとんどないと思うw

そんじゃw袋はこれからデザインするの?w
カッコイイのにしてw

>さて、淹れ方です。

これは、袋の裏に能書きと一緒に入れた方が良いかも?w

>つうか、「旨味」は作れるのだ

まあw日本酒やワインならw結晶っぽい白い粉を(ry

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山