パイチャのサンチャ

| コメント(4)


_DSC2261.jpg

今日は、茶師たちのランチにお呼ばれで、ベジタリアンの精進料理だったんだが、薪炒り番茶株式会社の主要なメンバーである一人が、白茶の試作品を作ってきた。白茶ってナ~に? 世界中にお茶は色々あるんだが、その中でも「もっとも原始的なお茶」です。摘んだ茶葉をしばらく放置、自然に葉自身が持つ酵素によって微発酵が進むんだが、それを適時、切り上げて乾燥させるだけです。乾燥した時点で発酵は止まる。データとしては、午前11時30分に摘んで、日光萎凋が45分ほど、室内に移して丸一日、まだ完全には乾燥してないし、微発酵も真っ最中なんだが、飲んでみた。淹れ方で味は変わるが、かなり良い感じで発酵が進んでいて、白茶らしい、美味しいお茶に仕上がってます。ところで、左側は北条さんという、非常にマニアックな中国茶屋さんで購入した、大雪山野生白茶です。「散茶」という、揉んでない状態のお茶。右側が、ウチのメンバーが作った白茶。やはり散茶の状態です。野生白茶は、茶樹の品種がちょっと違うらしいんだが、素晴らしい香りがします。ウチの白茶は、味は良いんだが、さて、香りは?

_DSC2268.jpg

ウチの白茶は、樹齢70年以上という、老木から採った新芽です。ヤブキタではない、在来種です。実生です。13年間放置されていた自然栽培茶で、場所も標高800メートルという、理想的な茶樹です。お湯に浸かって、戻した状態ではこんなです。発酵が進んで茶色くなったところと、発酵せずに緑色のところが混在している。香りは、山のお茶らしい、ワイルドな香気です。甘みがあって、白茶にしてはボディがシッカリしている。大雪山野生白茶は100gで3900円という素晴らしい価格なので、比較するのも無茶ではあるんだが、萎凋の工程をもっと厳密に管理できるようになれば、もっと良い香りになると思う。それと、萎凋の時間が少ないにもかかわらず、今回はかなり発酵が進んでいて、ちょっと早すぎる。多分、気温が高かったせいだろう。こういう気候では、朝の涼しいうちに摘んで、日陰で萎凋させ、室内でも「あまり早く乾かないように」コントロールする必要があるかも知れない。とはいえ、素晴らしい可能性を感じさせる逸品ですw つうか、白茶作りには「道具らしい道具や機械が要らない」というメリットがあり、それだけ原始的という事なんだが、子供の体験学習なんかにも良いと思う。

_DSC2193_300.jpg380円(税・送料込み)
<豆州楽市 薪炒り番茶ティーバッグ 3.5g x10pc サンプル> 

自然食品業界では三年番茶と呼ばれ定番のお茶です。豆州楽市の薪炒り番茶は、標高600メートルから1000メートルという山岳地帯限定生産の茶の樹を使用しています。10年以上も放置され、自然に還った自然栽培。茶の樹の旨味が存分に味わえます。本来は、毎年3月頃に一度火入れしストックしておいて、半年寝かせてから再度火入れして商品化致しますが、今回のサンプル品は一度だけの火入れ品です。ミネラル分の濃い味で腰が強くてしっかりしています。

豆州楽市がお届けします。

コメント(4)

おいら自作のお茶は、手摘みのあと萎凋せず、半日ほど室内に放置して、焙烙で軽く焙煎するだけ
名付ければ「釜炒りサンチャ」

軽く干してから微発酵は、美味そうだw
今度試してみます

おいらんちに生えてる実生の茶の木の中に、剪定してないのに玉仕立てしたみたいな自然樹形になって、樹高も1mに達しないのがあるんだが、これが美味いっすw

ほっとくと背が伸びる形質で日当たりが良い場所のは、好きでないw
背が伸びる茶の木なら、適当な高木常緑樹を間にポツポツ植えて日陰にして水も搾って成長を抑制すると、結果が良いみたいでつ

高木常緑樹って、深くから地下水を吸い上げるから、自動土壌水分調節装置みたいな作用もあるのよねw

半日室内に放置、という時点で、少し萎凋してますね。九州には「釜炒り茶」の伝統があるんだが、「焙炉で軽く焙煎」というのは、単なる発酵止めるための火入れのような気がする。

>「焙炉で軽く焙煎」というのは、単なる発酵止めるための火入れのような気がする。

つか、発酵即腐敗だから、発酵止めとかないと腐る
発酵止めてない茶を冷凍で販売して「生茶」とか、受けるかもw

それよりw無農薬無肥料自然栽培の「茶実油」の方が需要があって高く売れるかもw

>パイチャのサンチャ

 ペチャパイ賛歌w

(ヌー・ジョー・ベーン タイ語ヒップホップだそうです)
「私は液晶モニター」という、一見わけのわかんない曲名になるのですが……まぁ、エロい人ならもうお分かりでしょう! つまり、「私はペチャパイ」ってことですね。」
http://blog.livedoor.jp/fuku_bangkok/archives/51149111.html

 ペチャパイさんにプレゼントしたら「これ、どういうつもりなの」と激怒されたりしてw

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山