世界同時多発イヌ

| コメント(17)
犬は、世界の各地で同時多発的に狼から犬になった、という説です。どこか一カ所で、特定の狼が犬の先祖になったわけじゃない。なんか、いまさら、という話なんだが、おいらもいつも言うように、日本では犬と狼の境目が曖昧で、近年に至るまで両者の交配があったらしい。特に甲斐犬を見てると、つくづくそう思う。甲斐犬は、あれは犬じゃない、狼犬ですw

アジアとヨーロッパで別々に発生してきた様子を整理すると、以下のチャートのようになります。
最初の犬が現れた後、ヨーロッパでは犬が大量死し、そこに東アジアから大量に犬が流入しているのがわかります。
因みに、最初の犬が現れた年代はアジアとヨーロッパが12,000年以上前、中央アジアは古くて8,000年前。
解説図:2極起源説を図にまとめたところ
話を整理すると...犬の祖先のオオカミがアジアとヨーロッパの二手に分かれて、それぞれ人間になつき、そして絶滅した。
2ヶ所同時に家畜化が起こり(約6,400年前)、しかるのち東の犬はヨーロッパに移住する人間にくっついてヨーロッパに移住し、交配し、欧州の従来種を一部置き換えた...とまあ、こんな流れになります。
現代ワンコは東西交配種がほとんど。今の犬のDNAが容易に解読できないのはそのためだったんですね。
グリーンランドの犬ぞりの犬やシベリアンハスキーのように、西ユーラシア大陸と東アジアの両方の系統を持っている犬も一部いる、と研究者たちは話しています。

甲斐犬は巻尾が少なく、「さし尾」が多い。るんみぃは異常に臆病で、性格が狼っぽい。狼は凶暴ではなく、臆病なんです。つうか、そもそも日本では江戸時代までは、犬は放し飼いだった。どこの家の飼い犬というより、「その集落に居着いた犬」です。集落に犬が居着くと、シカやイノシシやサルといった害獣が入って来ない。犬の放し飼いを止めてから、田舎では害獣の被害が増大している。まぁ、言ってみりゃ、狼の中で、人間に対する警戒心の薄い個体がヒトの集落に入り込み、残飯が豊富なので、居着いてしまう。人間にとっても、狼が居着けばわずかな負担で他の害獣が避けられるわけで、ウィンウィンですw


お得な6本セットはこちら!
_DSC1902_300.jpg
5500円(税・送料込み)
<マルヤス延命酢 900ml×6本>

お得な6本セットです。健康に良いというのでお酢を飲む人に絶大な人気なのが、近藤酢店の「延命酢」。ミカンから作るお酢です。静岡市の小さな工場で作られています。4倍に薄めてドリンクとして飲む、というのがポピュラーです。

豆州楽市がお届けします。

20160408161255.jpg 948円(税込み・送料別)
<近藤商店 延命酢 900ml>

マルヤスの延命酢は静岡という風土を生かし、みかんを酢酸発酵させた果実酢に天然のハチミツや果糖ブドウ糖などを加え、飲みやすく、また調理しやすく造ってあります。 また、合成着色料や合成酢酸は使用しておりませんので安心してご利用頂けます。 マルヤスの延命酢は全て昔ながらの静置発酵法という技法で造っています。 ■原材料 果実酢・米酢・果糖ブドウ糖液糖、ハチミツ・食塩

バラ買いだったら電網・豆州楽市!
缶詰一個から買える!

【科学】犬は2つの異なる古代オオカミからめいめい勝手に犬になっていたことが判明、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

-----------------------
わん
-----------------------
キツネでさえも、比較的人間に慣れたキツネをピック・アップしてかけあわせて交配を重ねてゆくと六代目くらいで、犬の様に尻尾を振り、お手やお座りをするキツネが出来るという。
-----------------------
↑このあいだNHK地球ドラマチックでやってたな
犬のようにペットとしてのキツネブリーディングしてるオバさん
そんな感じでベンガル猫よりもっとベンガルに近い野性的なトラ猫もつくってるオバさんもやってたな
-----------------------
これな

スラッシュドットの伝えた所によると、1959年にソ連でスタートしたこの交配プロジェクトを担当した遺伝学者Dmitri Belyaev氏は「より従順なキツネ」を求め、顔の前に手を出しても噛みついたりしない攻撃性の低い個体同士を掛け合わせていったそうだ。
 交配を10世代程繰り返した頃、キツネには従順さだけでなく、新たな特徴が現れはじめた。キツネたちの体格は小さくなり、よく遊ぶようになり、尻尾を振り、犬のように吠え、そして毛の色に変化が現れたとのこと。中には青い目をしたキツネも生まれたという。
 原因を探ろうと新世代のキツネ達を調べたところ、アドレナリンレベルが格段に低くなっていることが分かったそうだ。
アドレナリンの低さが従順さに繋がり、またアドレナリンの生化学的経路と関連のあるメラニンの影響によって目の色や毛皮の色が変わっていったと考えられるそうだ。毛には白い斑模様が混じるようになったそうだが、これは犬などで頻繁にみられる模様でもあるとのこと。
 オオカミから犬が分化していった進化プロセスはBelyaev氏のキツネと同じだったと考えられているそうで、同氏の研究は進化論を語る上で重要なものとなっているという。また、最近ではラットなど他の種においても同様の研究が進められているとのことだ。
-----------------------
柴犬が一番オオカミに近いとかいうDNAの分析表は嘘くさかったけど、やっぱり東アジア側のオオカミの遺伝子しか見てなかったんじゃないの
-----------------------
勝手に犬ってなんだよ
犬の自由だろ
手前勝手なこと言ってんなよ
-----------------------
勝手に犬になったとかワロタwww
-----------------------
犬は、肉食のオオカミが祖先だから、軽くなって狩猟するために腸がとても短いぞ。同じ大きさなら、人間の十倍は食料が必要だ。
かつての時代は、王族・貴族階級だけが、犬を飼うことが出来た。
銃の発明されてなかった時代、犬といってもそのほとんどは戦争のための軍用犬だった。
王族は、原生林の森林へ分け入るとき軍用犬マスティフを二匹従えていくのが常だった。
English Mastiff
-----------------------
うちの芝犬カマキリにも負けるけどご先祖様は本当に狼か?
-----------------------
はぐれオオカミが人間にまとわりついて骨投げてやったら付いて来るようになったというのが始まりで、
人間が強制的に家畜化したわけではないという話じゃぁないか
仲間から相手にされずボッチだったのがヒトに寄生してきたんだよ
-----------------------
↑どうかなぁ
親とはぐれたか死に別れた子をたまたま拾って連れ帰って
かーちゃんに叱られつつも面倒みた奴が飼い慣らしたのを見て近所のやつらがイイネそれ!俺も真似しようみたいな流れじゃねえかなぁ
ツシマヤマネコをこっそり飼ってギネス級の大往生させたじいさんとか居たやん
あんな感じで
-----------------------
「めいめい勝手に犬になる」
口に出してつぶやくと,なかなか味はひのある言葉だな.
-----------------------
どこが始まりかなんてナンセンスだよなあ
記録が残ってるのがどこかというだけで
どの地域でもどの人種でも誰でもあり得るのに
何万年も前の人類と現代の人類は、知能も気質も変わりないんだから
-----------------------
>新石器時代のニューグレンジ羨道墳から出土した4,800年前の中型犬の骨のDNAです。
>情報全部盛りの小包が速達で届いたようなものだった

4800年かかる速達w
-----------------------
つまり犬とは、生き方。
-----------------------
↑このスレで一番輝いてるレスだと思う
-----------------------
日本にもあるけど、つーことはニホンオオカミの子孫がいるわけか。
-----------------------
朝鮮人は1万年前から食ってたから、
ヤツラに聞けば正解が分かります
-----------------------
犬は各種の分化の程度差が大きいね
大きさかたち、色 シェパードとチワワ ダックス
猫は犬ほど分化が進んでいない なぜだろう
-----------------------
↑犬は用途に合わせて改良されていったから。
猫はただの愛玩動物。
可愛ければそれでいいから新種作ったりはする必要がなかった。
猫の品種は、その地域土着の物(ロシアンブルー、シンガプーラ等)と突然変異系が殆どで人間の都合で開発された種は極々僅かなんじゃないかな?
-----------------------
狼とか犬とか人間が勝手に分類してるだけだからね
-----------------------
最初はオオカミの中で人間の残した残飯をあさって集落に近づくようになったんだろう
そのうち集落に常駐するようになり人間の方も常駐するようになれば可愛がるといった関係
仔が生まれると最初からペット化
-----------------------
ニホンオオカミとか犬と遺伝子が近すぎて判別不可とか聞いたが
-----------------------
↑イヌはデンプンを消化できる
オオカミはデンプンを消化できない
オオカミは飢えても人里の畑を荒らさないけど、人間に捨てられて野生化した犬は畑の穀物を荒らす
-----------------------
ニホンオオカミはしっぽ巻いてなかったみたいだけど、当時いた野生の狼は柴犬や秋田犬みたいなしっぽしてたのかな?
-----------------------
↑巻尾はネオテニー(幼形成熟)で家畜化された動物にみられる傾向
-----------------------
おまえらだって勝手に人間になったくせに
-----------------------
人間が家畜にしたから犬になったんでしょ
「勝手に」とはあんまりだ
-----------------------
人間が勝手に区別してるだけで、交配可能だからな。
-----------------------
ライオンや虎、熊なんかは子供のころからどんなに可愛がってなついても、野生の血で飼い慣らせないから危険、って聞くけど、野生の狼はそんなことなかったのかな。
今でも野生の狼を飼い慣らせるのだろうか。
-----------------------
気合で、それぞれの、犬になった。
-----------------------
勝手にはなってない
人間の都合で進化させられた
-----------------------
↑というより大きな意味では犬は人間の一部
犬が居なければ人間の今の繁栄は無いわけで
人間が居なければ犬の今の繁栄はないのさ
-----------------------
↑犬にもメリットあるから、人間の都合だけじゃないな
-----------------------
だから、犬はそれぞれの地域に住んでるオオカミを飼いならしただけ。
イヌは、色・形態は重要な要素じゃないんだよ。だから多様性が生まれた。
今でもオオカミとイヌは交雑可能で何代も子孫も残せる。
一部のオオカミが、人間との共存を選んで進化したとも言える。
-----------------------
そしてチョンが食い尽くして絶滅
-----------------------

イヌとオオカミに遺伝的な差異がない、というのはよく言われていて、実際、戦前には甲斐犬と満州オオカミの掛け合わせ実験もあったらしい。江戸時代まではまだニホンオオカミが生き残っていて、甲斐犬の里では、「野生の血を導入しよう」という目的で、甲斐犬のメスを山の中に連れて行って、木に縛っておいたというw 夜中にオオカミがやって来て、種付けしていたそうですw

-----------------------
イギリスでは狐を犬みたいにペット化するのにほぼ成功してるからね。
しかも犬との見分けが出来ないところまで品種改良するのも
あと少しらしい。 それに要した年数は200年程度に過ぎない。
-----------------------
実家がド田舎なんだけど
ご近所で狸が餌付けされて(本当はダメ)
普通に犬小屋で飼われてる
リードをつけて朝夕散歩し
電柱にマーキングしてるわ
お手もできるらしい
-----------------------
前の人が書いているけどその地域にいたオオカミが
飼いならされてイヌになっていくほうが自然みたい
チワワの発生地のメキシコもオオカミは小型が多かったとか
純日本犬も日本のオオカミが・・・
日本のオオカミは標本を見ているかぎり大陸オオカミに比べると
かなり小型だよ 今の紀州犬 四国犬の雰囲気を残しているような感じ
-----------------------
マルチーズが狼の末裔って信じられんわ
-----------------------
柴犬の遺伝子は99%狼と共通らしい
豆知識な
-----------------------
↑日本犬は割りと狼の遺伝子を多く残してるらしいな
-----------------------
そもそも、オオカミと犬の違いが分からん。
-----------------------
最初の飼い狼は、♂だと思う。理由は無い。
-----------------------
実は、学者さんは雌ではなかったか?という説らしいよ。
何故なら狼の群れは、NO.1のα-DOG(ボス♂)を頂点としたヒエラルキー社会。NO.2は一番強い雌狼。通常はこの1組しか交配と子作りは許されていない。そして、一番底辺が一番弱い雌狼。

コレが群れの中で喰えないから、だんだん群れを離れて人里と行き来をして、二重生活をしだしたのではないか?という仮説。

そして、一夫一婦制のボス狼夫婦も稀に浮気をすることが確認されててその場合のNo.2から浮気相手の雌狼へのイヂメが凄いらしいんだw

そんな雌狼が子供を育てる為に人間との共存を選んでいった。
そして人間は、その仔犬?仔狼? 兎に角犬の祖先である狼犬第一世代を手に入れたと
-----------------------
犬はデンプンを消化できるから昔は冷や飯にみそ汁ぶっかてもよかったんだ
-----------------------
犬は結構性格に差が出るからな
超人懐っこい狼ってのが時々現れたんだろう
-----------------------
オオカミ
「もう狩りもたるいし明日から人間に餌をもらう犬になろっと」
-----------------------
家畜化すると大抵幼形成熟が起こる
毛がふわふわになり、牙は短くなり、顔が丸くなり、全体的に小柄になって、懐っこくなる
犬猫豚なんかは顕著で、人間もまた猿の幼生形態に近い

まあ順序立てれば納得のいく話で
家畜化ってのは安全に安定してメシが食える
それもただ食えるを通り越して与えてもらえる
普通の動物ならそんな事してもらえるのは赤ん坊の状態だけ
ハイリスクに生きる必要がないのだから、ローコストモードに切り替わるのだ

しかも多くの動物が「世代でスイッチが入る」ってことはこれは哺乳類のかなり古い段階かそれ以前から、自然界でも起こっていた現象なんだろね
-----------------------
古代人が残飯捨てる→オオカミが残飯漁りに人里に出てくる→面白がって餌やりする→人に懐く→可愛くなって飼う
-----------------------
ツァラトゥストラはかく語りきをバックに、犬がくわえた骨を空に投げあげるシーンを想像した
-----------------------
犬と狼の違いの定義が、DNAの違いなのか家畜化された点なのか
わからん文章だな。
-----------------------
↑犬と現生のオオカミは、同種。亜種ほども離れてない
全てのイヌとオオカミは交配可能だったかと
見た目は大きく違うけど遺伝子はほぼ同じ
白人と黒人みたいな関係
-----------------------
日本犬はやはり日本にいたオオカミの分化だろう
大陸のオオカミとは関連性はない
日本はもうその当時完全に島国になっていたから
シバ 四国犬 紀州犬はその子孫だろう 秋田も
-----------------------
 柴犬の起源は、先住民族が南方から日本に移住した際に連れていた「パリア犬」(東南アジアに分布していた犬種, 写真右)だと考えられます。
日本各地では古来より猟犬として飼育され、日本固有の6犬種(柴・紀州・四国・北海道・甲斐・秋田)の中で最も古い犬種と位置づけられています。
 幕末に日本を訪れたドイツ人博物学者シーボルトは柴犬のことを「狩り犬」として記述しています。
-----------------------
>誰かの許しがないと狼から犬になっちゃいけないのか?

「ママ―、ボク犬になっていい?」
「バカなこと言ってないで早く狩に行ってきなさい!」
-----------------------
うちの柴犬は近所のボス猫と縄張り争いをするほどの猛者
この前ついにボス猫を庭から追い払ったので、頼もしいな!もういつ熊が来ても大丈夫だな!と
声をかけてやると嬉しそうにしていた
-----------------------
犬とオオカミは分化してからも自然交配・人工交配が起こっている
日本でもまだオオカミがいた頃は猟犬に定期的にオオカミの血を入れて野性味を取り戻したらしい
具体的な方法はさかりのついた雌犬をオオカミのいる山に放ったそう
-----------------------

里で飼われていた柴犬よりも、「山犬」と呼ばれた甲斐犬の方が、ニホンオオカミの血が濃いです。柴犬は日本固有というより、大陸系だよね。むかし、「縄文柴」という仮説がありまして、縄文時代の遺跡から出て来るイヌの骨は、今の柴犬よりも鼻面が長かったというので、わざわざ鼻面の長い柴犬を改良して作った爺さんがおりまして、三島のイデンさんなんだが、今でもその子孫が多いので、静岡では鼻面の長い柴犬が多いですw ウチのキューハチは縄文柴の系統じゃないので、丸顔だけどw

コメント(17)

サルに砂糖与えて脳みその栄養過多にしたらwww三代ぐらいで安倍晋三や麻生太郎よりも頭が良くなったりしないかなwww

犬が放し飼いの社会好きですね。
あれ犬が人間社会に付属してるのではなく
人間社会と犬社会が並存してる。
こっからここまでは俺のテリトリー(餌場)
その先はあいつのテリトリーと言った感じで
人間社会とは無関係に犬が棲み分けてる。
そして昼は人間の時間。
夜は犬も含めて人外の時間。

>人外の時間。

そこは猫の時間では?www

>犬は、世界の各地で同時多発的に狼から犬になった

 どっかのオカルト教団がネタに使いそう。 「人類は、まさに世界の各地で同時多発的に人から超人類になろうとしている」w

>「その集落に居着いた犬」

 沖縄の離島には「畑猫」というのがいるそうです。 家つきではなく集落つきの猫。

「なぜか座間味には猫が多いらしく外猫は畑猫って呼ばれているそうです 理由は、どうやら畑を荒らすネズミを退治してくれるニャンコ達だからって事らしい(^_-)☆」
http://plaza.rakuten.co.jp/kijimunar/diary/200308010000/

犬、猫、諸々ですね。
この言葉を聞いたのがインドの僻村のじじぃからでして。
あの国の真っ暗な夜には人外な物(の怪)が百鬼夜行しておりますw

 古代から「大口の真神」と崇められ、「病狼」と恐れられ、神格化された『日本狼』。明治政府による根絶で、1905年の絶滅が定説です。

 絶滅した頂点捕食者・『日本狼』が、生物多様性に与えた影響が大きい。繁殖し過ぎたシカ、ヤギ、サルなどによる森林被害・食害が深刻化しています。

 特にシカは多くの植物を「食べつくす」まで増え続ける。蝗(イナゴ)の様な害獣です。原生樹や植樹まで食い荒らし、小鳥や小動物も激減。裸地化や土砂流出が発生し山の形まで変わってしまう。

 米・イエローストン国立公園へ、オオカミ導入(復活)されたのが1995~95年。森林被害が改善され、生物多様性が回復したレポートがあります。以後アリゾナ州や欧州も導入(復活)しています。日本でも「オオカミ復活プロジェクト」が存在しますが、賛否両論あって前途多難な状態です。科学的見解と野生鳥獣対策は複雑で、答えが中々出ません。

【 BS11 アーサー・ビナード 日本人探訪 #7 北海道 桑原康生 】~北海道東部の標茶町の「オオカミの森」~

https://www.youtube.com/watch?v=xTiMxhYn4CY

>サルに砂糖与えて脳みその栄養過多にしたら

三代は微妙だけど、四代目なら並ぶんじゃないかしら。
そんで、五代目なら越えるっと。。。

https://www.youtube.com/watch?v=JDbwEQG2cqI

同時多発ネコへの伏線だな

人類もおそらく同時多発的なんではないでしょうかね。

しかし、チワワからセントバーナードまで、同じ犬とは思えないくらいの違いがあるが、これも何代か放っておくと狼に戻るんでしょうか。

ちなみに、キンギョは池に放すと交雑して三、四代で和金や鮒に戻ってしまうようです。

「犬」と狼が交配可能で種付けができたとしても、犬同士のチワワとグレートデンなんて違う生き物でしょ物理的に交配も不可能と思える。
狼だってグレートデンが相手じゃ交尾嫌がると思うな。

私の飼っている犬は秋田犬とポインターとゴールデンレトリバー始め
いくつか混ざっているようです。
捨て犬でした。

ホントか嘘か知らんが戦後柴犬は3匹になったと言われている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14128125849
戦時中戦後の食糧危機で食われたんです。
赤犬は美味しいというのはお父ちゃんも言うてました。実際食べたかどうかは不明。そんな時代が二度と来ないように柴犬愛好協会は反安倍の旗幟を鮮明にするように。

最後に無理やりねじこむ、というか、とってつけてる。

地元なので甲斐犬を飼う家が多く、散歩していても2匹位は出会う。
しつけさえできていれば野武士の様な風格があり、他犬種の犬が吠えても知らん顔をしている。
しかしいざとなれば気性は荒く、知り合いの家では、夜中にアライグマが庭に侵入してきて、夜が明けたら庭中が血の海でアライグマが息絶えていたそうだ。

>犬が放し飼いの社会好きですね。

たしか戦後だか
女子校生が野犬の群れに襲われてズタボロの死骸になって発見された事件があって
そんな事件が続発したために撲滅運動が徹底化されたんでしたっけ。


ちなみにこないだ中国の武漢に行ったときは
街中でたくさんの野犬を見かけました。
ゴールデンレトリバーやシェパードまで商店街の歩道ををウロウロしてたのには面喰いました。
さすがにセントバーナードの野良は見かけませんでしたw

>うちの芝犬カマキリにも負けるけどご先祖様は本当に狼か?

national geographic の翻訳のほうはリンクがなかったようなので貼っておきます。
 
「最もウルフライクな血統と言えるのは日本を代表する犬である「柴犬」。いわれてみればオオカミのように精悍な顔立ちです。」
http://gigazine.net/news/20131008-dna-of-85-dog-breed/

 あのどこがw 近所の柴犬なんかは歩道にお腹をつけて、ひなたぼっこするのが日課w

 柴犬ですらほぼ狼なら、甲斐犬は狼そのものw
 というか、朝鮮狼なんかより甲斐犬の方が狼らしい狼だったw

「此の様な生活が幾月か続きます内、狼の方が甲斐犬より大きくなり、甲斐犬四貫二百目、狼八貫目に達しても、やはり甲斐犬が強く、狼は時々肢に傷を負つて居り、「狼、甲斐犬には及ばず」の先入観を完成しました。」w
http://ameblo.jp/wa500/entry-11872431833.html

 訂正、甲斐犬より弱かったのは朝鮮狼じゃなく満州狼だったw ま、牡と牝ということはあるがw

 ハーフができてわかったことは、甲斐犬は犬であり、狼ともウルフドッグとも違うということらしい。

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山