日本の食文化を未来へ届ける

| コメント(37)


DSC_3794.jpg

日本で作られている「鰹節」の99パーセントは偽物です。まぁ、偽物と呼んでしまえば言い過ぎかも知れないが、本来、鰹節というのは正当な作り方があり、それを本枯節と呼ぶんだが、まずはカツオを捌いて、茹でる。茹でた身を、燻す。延々と燻し続けて水分を抜いたら、それを樽に詰めて保存しておく。しばらくすると、まだ残っていた水分のせいでカピが生えます。カビだらけになったら、磨いてカビを落とす。そしてまたしまっておくと、まだまだカビが生えるw それをまた磨いて、と、何度も何度もカビを生やしては落とし、生やしては落とす。何のためにそんな事をしているのかというと、「鰹節の奥深くまで、水分を抜くため」です。カビは、その根を奥深くまで侵入させて、水分を引き上げる。結果として、何度もカビ付けされた鰹節というのは、それ以上カビも生えないし、保存も出来るようになる。一本の鰹節が作られるためには、途方もない量の薪と、途方もない手間がかかっている。それが、日本の伝統食を支えてきた鰹節です。

ところが、今ではそんな手間はかけていられない。そんなに薪を使えない。なので、茹でたカツオの身は、そそくさと乾燥させ、まだ水分が残った状態で削られて出荷される。「荒節」と呼ばれます。伝統食としての鰹節から見れば、偽物です。けれど、伊豆ではいまだに、手間と薪を大量に消費する鰹節を作っている。それがカネサです。

DSC_0701.jpg

伊豆の田子にあるカネサの工場です。入って行くと右側が、茹でる場所と、その奥に燻す場所が並んでます。

DSC_0706.jpg

ストックされた薪です。工場の裏が森になっているので、そこから伐って来るそうです。田子は山に囲まれているので、薪の入手には困らない。つうか、工場全体が長年の作業で燻されて真っ黒ですw そして、工場を抜けた奥には倉庫があって、樽がたくさん並んでいる。カビ付け中の鰹節です。荒節は焼津でも大量に作っているんだが、こうしてちゃんと手間ひまかけて作る昔ながらの手火山式本枯節というのは、日本でもごく限られた場所でしか作ってない。貴重品です。豆州楽市は、この鰹節に惚れ込んで、自社のワサビ園で栽培した日本一の値がつく冷川の嵐真妻ワサビとともにセットを作りました。



豆州楽市がお届けします

ところが、コレが大人気で、毎週10セット限定で売っているんだが、いつも売り切れで申し訳ないw たまたま今はワサビ田も育ちのよくない場所で収穫作業をやっていて、出荷も遅れ気味w 昨日も東京シティ青果からわざわざ電話がかかって来て、「明日はちゃんと出荷してくれよ」と叱られたばかりですw セットの分まで収穫が間に合わない状態です。でも、鰹節と醤油はまだ、在庫あります。

缶詰一個から買える! 

20150820165842.jpgカネサ鰹節削り40g302円
創業から120年昔ながらの製法で造り上げた本枯れの伊豆田子節です。手火山式焙乾にこだわり、味にこだわり造り上げました。

20150825152141.jpg修善寺醤油 紫露-本醸造醤油-300円
修善寺醤油「紫露」です。アミノ酸無添加の濃い口本醸造醤油150mlです。醤油に使われる「甘み」というというのは、大手メーカーでは合成甘味料やステビアが使われる事が多いのですが、この「紫露」では、明治時代から使われている「甘草」で甘みを出しています。そのため、後味の良い、サッパリした風味で、シャープな、切れ味の良い醤油です。

豆州楽市は、食の原点にこだわります。伝統的な食文化を未来に伝えるのが、豆州楽市の使命です。手間ひまかかっても、良い物をコツコツ作り、全国にお届けする。それが豆州楽市の役割です。

コメント(37)

何かの番組でここの工場が出てた・・・思い出せない
丁寧に作っていた、といった印象でした

日本の食文化を世界へ届けるww
RAKUICHI YAMADA CEOww

そんな手間暇かけて作った本枯節使用の豆州楽市の蕎麦ツユなら、
国産豚のおいしいトンカツでカツ丼を作っていただきたい。
タイトルが『日本の食文化を未来へ届ける』なら、なおさらそう。


このカネサがある谷間のすぐ上手を
今太陽光パネル業者が開発しまくってるぞ

土石流でも起きたら割れたパネルとともに工場に押しつぶすことになる

>太陽光パネル業者

 伊豆の業者は違うんだろうが、全国的に見ればヤーさんの新手のシノギになってることも少なくないのかな。

「また現在のシノギに関して、組員Cは、
「シノギの最新トレンドは詐欺。太陽光発電やFXあたりが熱いな。」
http://blog.takarajima.tkj.jp/archives/1857735.html

>土石流でも起きたら

 こないだの鬼怒川決壊は誰のせいだったのだろう。 自民なのか、ミンスなのか、ダムの放流調整に失敗した国土交通省なのか、河川敷を掘りくり返した太陽光業者なのか・・

これから太陽光パネル着工しようとしてるカネサの上流のところはサニックスという過去に悪質な白蟻訪問調査業で営業停止になったこともある九州の会社らしい(伝聞)

太陽光発電は国家的詐欺です。

今年は日照時間が短かったから、キャベツなんかの言い訳はきかないです。
最後は基幹的エネルギーは「原子力」という結論が。

ここらへんのスーパーでは、輸入豚肉はほとんど扱ってないよ。
マックスバリューを除けばw
おいらはほとんどマックスバリューは使わないし。

>工場を抜けた奥には倉庫があって、樽がたくさん並んでいる。カビ付け中の鰹節です。

指宿とか枕崎とかにも本枯れ節の工場があるけど、カビ付けは専用のムロでプラカゴです。これで差が出るのか出ないのかw

>指宿とか枕崎

そこは尖閣も忘れないでくだしあwww
カツブシ工場しか無かったんじゃないの?www

>これで差が出るのか出ないのかw

それなら、貴腐とアイスワインじゃないけどw凍結で良いんじゃね?w
って、話しにはなんないの?w
最近のトレンドの熟成牛(本来廃棄の牡のホルスタインを高く売る作戦?www)的にはカビ優勢だけどwww

冷蔵庫の野菜室に入れっぱなしにすると腐らないままシワシワになるけど
あんな感じで水分を飛ばせそうな気がするがどうなんですかね?

 EUじゃ、本鰹節は、カビのせいで輸入禁止だったんだっけ。公式には燻したときの木タール由来のベンゾピレン含有量が規制値を超えてるというのが理由らしいが。
 
 熟成のためにカビを生やすのは鰹節の専売特許というわけではなくて、セラミなんかでも大昔からやってるようです。

「白樺サラミってなあに?
皆さんが普段ピザやサラダなどで目にする‘サラミソーセージ’の表面にカマンベールチーズに代表される白カビが生えたものです。」
http://www.shinshuham.jp/SHOP/2173.html

 鰹節も「ヨーロッパから輸入した白カビ」で製造すればEUへの輸出OKになったりしてw

使ってる木の問題じゃね?桜のチップで燻しましたならおkwww
裏山の針葉樹とか混ざってるんじゃね?www
つか裏山じゃセシウムがwww

つか、向こうでカツブシ作ってるんだよねw
結局カビじゃなくて燻す木の問題だよwww

>結局カビじゃなくて燻す木の問題だよwww

みたいですねw

かつおぶし・削りぶしの製造における多環芳香族炭化水素類(PAHs)の低減ガイドライン(平成25年3月)
http://www.kezuribushi.or.jp/kaiin/H2503-PAHs.pdf

ナラ、クヌギ、シイ、カシなどの硬質な広葉樹が向いているようだけど、建築廃材(主に針葉樹で防腐剤など混入)なんかを使う工場もあるようで、そりゃマズイですwww

>つか裏山じゃセシウムがwww

灰を測ればほぼ間違いなく出るでしょうけどねw
場所としては比較的マシなほうかも
https://www.google.co.jp/maps/@34.8084201,138.7733962,3a,75y,123.43h,79.36t/data=!3m6!1e1!3m4!1sY_qQ9Bd2u9gtJ8eBUrSvBQ!2e0!7i13312!8i6656!6m1!1e1?hl=ja

カビ付けしようとして灰付けたりしてww

カツオ自体から出る脂も燻す時に垂れるとアカンかもしれん?w

>カビ付けしようとして灰付けたりしてww

それはしてなかった(TVの撮影にはなかったです)コンクリの中にマキ入れて上の柄のついた箱にかつおしいて(中に網が張ってあり重ならないようにたくさん入るように並べて)燻す、で途中一方に偏らないようにかつおをまわしてたの
コンクリに切れ目があるのは箱の柄をはめる部分です。

あー、商売邪魔する、いつもの人達www

無邪気なおせっかいw

(僕ちゃん他人事w)

つか、原因追求しなきゃダメジャンw
以上www
過去を踏襲してるだけじゃ意味無いよwww
伝統を守るって言うのは、そう言う事じゃないですwww

>つか、原因追求しなきゃダメジャンw
以上www

いい人ぶったのにw
海DONさんに苛められたw

降下量、西伊豆は三島界隈よりよさげなのw 137w

http://www.jcpre.com/genpa-fukushima2011-3/fukushi-photo/11-11-15akademi.jpg

あっちこっちで違う表でてくるけどw

そう言うネタに食い付かなくても良いのw

問題は、伝統を守るって言ってもw裏山の木もw広葉樹から針葉樹になったりしてるでしょw
森が雑木林になってるwww
根本的な所を目を瞑ってwww一部分を伝統食品ガーって言っても意味が無いって事www
偉そうに言うなら植林からやれwww
地元産の木で家を建てろよwww
それを建坪90坪で分譲しろwww

以上www

>裏山の木もw広葉樹から針葉樹になったりしてるでしょw

ストリートビューで針葉樹チックに見えてるのは、たぶん孟宗竹ですw
グルグルアースでも見てみたけどw
静岡県賀茂郡西伊豆町田子600−1
2015年1月9日のでも、常緑広葉樹が多い照葉樹林みたいw
一部竹林w

常緑広葉樹って、炭焼きの原料でもあるけど、そこそこの高さで伐採すると、どんどん芽が出てきて、割と早く復活するのw

おいらんちにも果樹園とは別に照葉樹林があるけど、40年前までは当時の持ち主の爺さんが一人で炭焼きして生活していましたw
1haちょい程度の広さなのに順繰りに伐採して一巡する頃には切った株が取り頃になる程度の再生力なのだとかww
ご存知ウバメガシは備長炭の材料ですw

>森が雑木林になってるwww

なので雑木林が正解ですw
放置して竹林化するのが困るw
樹種は常緑広葉樹なら混在している方が好都合w
竹は片っ端から1m高さで伐採して地下茎を枯らせますww

河川の護岸・自然堤防・埋立地、それから旧入会地の山や沿道法面。
こういうところは昔はほとんど全部国有地だった。
理由は治山治水に必須で住民の安全を守る必要があったからだ。

ところが、小泉以降発狂した財務省は国有地の売り払いを始め、
売れるところならこんな場所でも切り売りし始めた。

ところがこんなもの、家も建てられず商売にも使えず本当は何の役にも立たない土地で、買うのはやくざばかり。
連中は、こういう土地を種に隣地への嫌がらせをしながら少しずつ
近隣を買い上げて大手デベロッパーに売り払うのがもともとのしのぎ。
ただ遊ばせとくより多少銭になるから太陽光発電やら、看板設置する。

問題は地権者が誰で、どういう経緯でそこが太陽光発電になったかよく調べることだ。
太陽光発電業者、本当に自民に献金してないかね。


>連中は、こういう土地を種に隣地への嫌がらせをしながら少しずつ
近隣を買い上げて大手デベロッパーに売り払うのがもともとのしのぎ。

で、こういう使いもん無いケガレチなw
マンション建てて余った擁壁にまで担保にして融資する金融詐欺士の銀行w
詐欺士のハーモニーw

カネサ=安心、安全というやつだ、それにプラス貴重な日本伝統食品
豆州楽市はそれを紹介し護っている。いい仕事しています。

山岡「せっかく作った鰹節を削り節にするなんて・・・残念ながらこれは食べられないよ」

欧州が、カビ毒で輸入を認めないカツオ節って あぶなくないの?

チーズだって、カビの塊だよw
生ハムの表面だって、カビの塊だw
ヨーロッパのカビは良いカビですw

だからカビじゃねーよwww
薪の排ガスだよwwwタールが多いんだよwww
薪の材質変えりゃ良いんだよwww

http://www.kezuribushi.or.jp/kaiin/H2503-PAHs.pdf

だけど、福島は『食べて応援』なんですね、厚生省様は。

牡のホルスタインの有効利用の熟成牛肉の事も思い出して上げてくだしあwww

>日本の食文化を未来へ届ける

日本の食文化を未来へ届けるって言ってもwww
作ってるのは、サラリーマンみたいなもんだしwww
あとは、パートのおばちゃんだしwww
一子相伝の技も無いしwww薪はタールが酷くて輸出できないしwww

そんな人達頼みなんだけどwwwそれで将来があるの?www
未来に届けるなら、他のやり方をしないとダメじゃね?www
ミライに届けるなら別だけどwww

けずりぶし、その味に東京そだちの妻は驚いていましたよ。

とりあえず、商品の裏の添加物表示も写真でうpした方が良いんじゃね?www
あとで、揉めるのは面倒でしょwww
楽天の将来を考えてない店でもやってるんだしwww

梅干しを食べた8割がインフルや風邪を発症せず、こっちの方が効用があったりしないか?
プラセボ製薬 プラセプラス 200粒/¥ 1,480
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1055181217.html

コメントする

最近のコメント

雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山