ロシアじゃないです、ソ連です。ルサールです

| コメント(4)
IMG_0252111.jpg

ロシアじゃないです、ソ連です。ルサールです。極めて個性的なレンズで、色々と不思議な造りです。絞り環が鏡胴の側面でなく、前面にあります。レンズの表面はビー玉みたいにまん丸で可愛いんだが、実は凹レンズです。構成図はこんな具合です。撮像面までは11mm弱しかないので、もちろん一眼レフには使えない。それどころか、レンジファインダー機でも使えないボディもある。ミラーレス一眼なら使えるかというと、シャッターが邪魔になる機種もあるらしい。撮像面に対してこんなに斜めから光が入るので、色々と問題が出たりする。

russar_lens_figure.jpg

ところで、このレンズを設計したのは、作曲家だったそうですw 音楽を作るのと同じ手法で設計したレンズだというんだが、天才というのはとんでもない発想をするもんだw 基本設計は1935年のスーパーワイドアングルだそうで、今となってはものすごく古い。戦後、西側ではシュナイダー社のスーパーアンギュロンが登場し、超広角レンズを作れなかったライカも採用するんだが、こちらがスーパーアンギュロンの構成図です。

superangulon.jpg

どこが違うのか? 生産側の立場で見ると、ルサールはビー玉みたいな凸面はともかく、その裏の凹面がとてつもなく厄介で、磨きにくい。勘弁してくれ、というムズカシサです。コストを考えない東側だから、こんなレンズを作れた。まぁ、今ではレンズ設計もコンピュータだし、ガラスの種類も増えたし、自由度が増して、もっと安直に性能の良いレンズが作れる。けれど、手作業で膨大な計算を繰り返し、音楽を作るように愛情込めて育て上げたレンズには、それなりの良さというのもあるものです。まぁ、写真は理屈で撮るモノじゃないので、撮った写真を見てみよう。

ところでナイショなんだが、豆州楽市直営店では、「缶詰ひとつから買える」今までの通販とはまったく違う通販を始めました。

缶詰一個から買える! 

ただし、送料は別なので、実際には缶詰ひとつ買ってたんじゃ、割にあわないがw 送料は、開業記念で500円からです。(地域によって違う)どれだけたくさん買っても送料は同じです。たくさん買ってねw まぁ、好きなアイテムを、好きなだけ買えるシステムです。個人的には、いなばの新商品牛すじこんにゃく259円なんてオススメですね。いなばは、タイカレーで有名なんだが、こうしたお惣菜類もいろいろ作ってます。

        _DSC1270_300.jpg

取り扱いアイテムは、数えてないので不明なんだが、缶詰を始めとして、1000点くらいあるかも知れない。電網・豆州楽市をよろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なお、今までの豆州楽市通販サイトも引き続き運用中です。こちらは送料・税金込みの価格になっていて判りやすい。まとめ買いだったらこちら。しかもお買い得価格に設定してます。引き続き、よろしくお願いします。

KOJ_1873_300.jpg KOJ_1881_300.jpg 
<ヤマセン・花いろ烏龍茶>特上ティーバッグ 2g×20 1080円(税・送料込み)
<ヤマセン・花いろ烏龍茶>特上リーフ 50g 1080円(税・送料込み)

KOJ_2370_300.jpg 1200円(税・送料込み)
<ヤマセン 黒烏龍 5g×38個 38リットル分>

常用として飲みやすく、値段も安い、静岡産の黒烏龍のティーバッグです。一個で1リットル、煮出せば38リットル分になります。ポットで淹れる場合でも、19リットル分です。ボディがシッカリした美味しい烏龍茶です。癖がなく、和洋中華、どんな料理にも合います。豆州楽市オリジナルのパッケージ商品です。
_DSC1264.jpg

このレンズ単体での最短撮影距離は55cmなんだが、今日はマウントアダプター使っているので、そちらもヘリコイドが6mmほど動いてくれる。コレは最短撮影距離ではないが、55cmよりは近づいている。古いレンズなので黄色をカブるんだが、RAW現像でカブりを除去してやれば綺麗な色が出て来る。

_DSC1256.jpg

いつものカフェ。周辺部が不自然に緑色になっているのが判ると思う。今日はF11まで絞ってます。ルサールは少なくとも1絞り半まで絞らないと、周辺部が荒れる。2絞りのF11では、ほぼ満足です。

_DSC1251.jpg

画面の直接、強烈に照らして来るライトを入れた。フレアやらゴーストやら出まくりw まぁ、極端な条件ですが。

_DSC1250.jpg

名残の夏です。水着の女の子もいた。

_DSC1248.jpg

太陽がすぐ近くにあるので、ゴーストが出てます。最近じゃ、フレアとかゴーストとか、アプリで作るらしいが、コレが本物の自然なゴーストですw

_DSC1246.jpg

いつものねこすろさん。三島市の歴史遺産に指定して、永久保存して欲しいですw

_DSC1242.jpg

超広角らしいパースペクティブ。

_DSC1245.jpg

確かに、作曲家が作ったというのも納得の、色の具合とか、なだらかな周辺部の落ち込みとか、いい感じです。東側のレンズは、色が良いね。性能はともかく、楽しい写真の撮れるレンズで、おいらの愛好するところです。

コメント(4)

以前、ソ連製のオートバイ(500ccくらいか)を奥多摩の
渓流添いの林道でみたことがある、図体はカッコよくないが、
バックギアがしっかり着いていた、
思うに、積雪やぬかるみの道では時に後退することも必要なのか、と

新生ロシアでは、ソ連時代製はもっぱら壊したのか?
ユダヤ人の実験国家の遺物として、骨董価値はあるやも知れないのに、
ないか、そんなもの!

バックギアの付いたバイクというのは、「サイドカー用」だからです。
サイドカーはバック出来ないと、取り回しが不便だ。

次かいつかはフランスの伸ばし玉かなw
すいません、ふと思っただけですwオイラ試したことないですww

バイクのことを何故「単車」というのか、という話があって、昼飯時に世間話をしていたら、会社のおじさん(おれもおじさんだが)が、「バイクは二輪なのに、単車というのはこれいかに」的なことをいってきた。
大昔は、バイクはサイドカー付きが普通で、サイドカーがついていない場合に「単車」といったらしい。
ソ連製のバイクは、仕様が昔のままだったんではないでしょうか。
カメラの場合でも、レンジファインダーのコンタックス(コピー)を戦後しばらく、一眼レフの時代が来てさえも作り続けたという話もある。

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山