ELニッコール63mmF2.8

| コメント(4)
IMG_01881.jpg

最近、機材ヲタのあいだでコッソリ流行っているのが「引伸しレンズで撮影」という変態的なプレイで、SONYのα7の登場によって50mmの引伸しレンズでも無限遠から楽々、撮影できるようになったわけです。α7sに社外品のレンズを付けた場合、どうせ絞りも絞った状態で使うし、電気的、機械的な連動が不要なので、「何でも付く」わけだ。何でも付くんだから、引伸しレンズだって付く。ただ、引伸しレンズにはヘリコイドが付いてない。フランジバックもバラバラ。そこを工夫すれば、引伸しレンズでも普通に撮影できる。

IMG_01901.jpg

合体ロボとか好きなオトコノコはたまらん景色ですw まずはカメラなんだが、α7sです。これに焦点工房のライカMレンズ用ヘリコイド付きマウントアダプターL.M-S.E MACRO をかませて、更にライカMマウントをLマウントに変換し、ライツのL39延長チューブ16615(25mm厚)を経由してNikonの引伸しレンズ、63mmF2.8です。このレンズは引伸しレンズとして売られていたんだが、産業用、マイクロフイルム用など、多くの用途で使われているレンズで、意外なところでは「物凄くクオリティの高いプラネタリウム」にも使われている。プラネタリウムでは、このレンズを何十個も並べて使っているようですw 引伸しレンズとしては既に市場にはないが、栃木ニコンに頼めば手に入るようです。値段がいくらなのかは知らんけど、引伸しレンズ時代から高いレンズでした。

・ ニコンにて生産終了となった「エル・ニッコール40mmF4N、50mmF2.8N、63mmF2.8N、75mmF4N」との性能互換性を確保
・ 鏡筒をすべて金属製品で構成し、高い信頼性を確保
・ 絞り値を固定できる絞りロックネジを採用
・ RoHS指令規制物質に対応、エコガラス採用

引伸しレンズというのは、ランプの光で焼けていたり、湿気た暗室で保存されていたりで、程度の良くない物が多いので、ちょっと高くても新品買ったほうがいいかもね。おいら、このレンズはずっと、35mm判の引伸し用として愛用してました。隅から隅までピシッ!と銀の粒子が立つ、キモチイイ代物ですw 撮影用として考えた場合、焦点距離もイイね! カメラのレンズには存在しない焦点距離だし。

_DSC1079.jpg

偶然なんだが、この組み合わせでちょうど無限遠が出ました。焦点工房のヘリコイドが、10mm-16mm、中間チューブが25mmです。それにML変換リングの厚みが1mm。合計36mmという計算になる。ちなみに描写は「凄まじい解像力」です。引伸しレンズなので、収差の補正も完璧で、カメラ用に設計されたレンズとはレベルが違う。しかも、引伸しレンズの中でも、この63mmは別格です。

_DSC1080.jpg

6mmのヘリコイドだと、最短撮影距離はこんなもんです。レンジファインダー機並み。引伸しレンズは近距離用の設計なので、マクロには強いはずで、もっと繰り出し量の多いアダプターが欲しいところだが、そうすると延長チューブの長さが変わって来る。

_DSC1082.jpg

一般的に、こういう変態プレイをする場合には、M42マウントに変換して機材を選びます。M42は天体観測屋が色々とパーツを作っている。今回は、ホントに偶然、無限遠が出ただけなので、あまりオススメ出来ないやり方ですw 

_DSC1090.jpg

いつもの、小さな光源の多いカフェです。特にハレーションやゴーストは出ず。優秀です。撮影以外の分野で名レンズと名の高かった63mmが、撮影にも使える。おいら、栃木ニコンに問い合わせなきゃw 新品が欲しいw ちなみに、こういう変態プレイをやってみたい方は、悪いことは言わないので、50mmでやった方がいいですw 63mmなんて、変態中の変態、スクール水着脱糞王並みの変態ですw

KOJ_2637_300.jpg 3780円(税・送料込み)
<豆州楽市 寒仕込みそうめん 200g×15袋 30人分>

28番という細い麺です。寒仕込みです。駿河湾の西風に晒されて、良いそうめんになりました。市販のそうめんはほとんどが輸入小麦ですが、こちらは北海道の国産小麦です。豆州楽市は国産にこだわります!

KOJ_1010n_300.jpg

<ムロフシ>半生ざるうどん 2.5kg(20人前)2980円(送料・消費税込み)
機械打ちながらも、手延べの風味を再現したざる専用うどんです。腰の強さが自慢です。90日と賞味期限が長いので、乾麺のような保存法で使えます。ざる専用に最適化された細めのうどんです。20人分のお買い得箱です。

そばつゆ3.jpg  750円(税・送料込み)
<豆州楽市オリジナルそばつゆ 60ml×10袋 使いきり10人前>

超高級食材だけで作った、至上の蕎麦ツユです。田子のカネサ製の本枯節、網代のカツオ節問屋、丸藤さんちの本枯れ宗田節、ヤマサの特選丸大豆醤油、三河本味醂、そしてザラメです。市販の蕎麦ツユで、これだけ贅沢をしたモノはないと思う。もりそば、ざるそば専用として、そのまま使う原液タイプです。一人前60ccずつパックになってますが、そうめん、ざるうどんに使う場合は、昆布出汁か水で半分に割ると使いやすいです。

豆州楽市がお届けします。

コメント(4)

63mmはレーザーテックのレーザー顕微鏡っすねw
走査用のレーザー照射用にw
顕微鏡本体もニコンのヤツだけどw
あとは、ラインセンサーや大きめのエリアセンサー用とかw
50の2.8はあんまり評判良くなかったけどw

ELニッコール、最後は中国製でプラ鏡胴のクセに値上げしてたなwww

私もこれ持ってます。
ベローズに付けてマクロ撮影するとカリッカリの描写してくれますね。
あと135mmの引き伸ばしレンズだと無限遠が出のですがあまり使い道がない。
変わった所ではズイコーの引き伸ばしレンズがあるのですが、ニコンとは正反対にトロトロの描写をしてくれます。
このレンズまったく情報がないので本来は引き伸ばしレンズではなかったのかもしれないです。

これも評判が良いですね。同系統で一世代前のレンズでしょうか。
・EL Nikkor 63mm F3.5
http://homepage2.nifty.com/akiyanroom/redbook/apo/el63.html

似たようなレンズで、こういうのもあります。
・エルマー65mmF3.5
http://www.hayatacamera.co.jp/article/photo200706.html

どちらも評判が良いですね。

>天体観測屋が色々とパーツ
私は、主に貧乏方面の関係で、コニカ引き延ばし用75mm/F3.5とかF4.5をBORGのヘリコイドにつけて使ったりしています。
これはどうもセミ版のパールに使われていたレンズと同じようです。
でも75mmという焦点距離はあんまり使わないだよな。

>同系統で一世代前のレンズ

リンク先にあるように3.5から2.8に変わった。
レンズ構成は殆ど変わんなかった気がするけどw
オマケ機能で追加されたのが、暗室前提なので、絞り窓の所が露光用の光源使って明るくなる(光漏れですねw)ようになった。

つまり、外で使うなら古い鏡胴の方が良いと思うけどw
60年代のニッコールっぽい外観だしw
MC後のシリーズなら絞り窓から光漏れしないようにした方が良いかも?w

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山