Ai NIKKOR 50mm f1.8S

| コメント(2)
_KOJ3282.jpg

Nikonの標準レンズというのは、何だかやたら種類が多いんだが、マイクロニッコールとかノクトニッコールとか含めて、おいら全部持っているんだが、その中でもお気にいりなのがこの、Ai NIKKOR 50mm f1.8S というヤツで、通称「パンケーキ」と呼ばれる薄型レンズです。とはいえ、テッサー型ではない。主に海外で売られていたようで、おいらのレンズは逆輸入品です。最短距離の違いとか、コーティングの違いとかあって、マニアは色々言うんだが、どちらにせよ大したレンズではない。作っていたのも下請けだろう。中古相場もせいぜい6千円くらい。もちろん、ちゃんとしたF2とかF1.4レンズの方が高級です。おいらの使ってきた経験では、ゴーストが出やすいとか、描写が適度に甘いとか、そんな感じ。でも、薄型で実用的です。

_DSC0510.jpg

今日の絞りはF2.8です。適度に甘さが残っている。

KOJ_3039_300.jpg 930円(税・送料込み)
<かんてん入り棒ラーメン 佐野製麺所 4食分>

伊豆ならではの、かんてんの入ったヘルシーな棒ラーメンです。普通の乾麺で、インスタントではありません。2-3分茹でるだけ、という手軽さで、スープもお湯で溶くだけ。インスタントどころか、カップラーメン並みの手軽さで、本格的なラーメンが楽しめます。

image210.jpg豆州楽市がお届けします
_DSC0513.jpg

抜けの悪さが残ってますね。まぁ、これも「味」のうち。デジタルとの相性が良いと言われていて、中古相場が上昇気味だそうです。

_DSC0518.jpg

カフェの店内では、シャッタースピード1/100秒でEV2000です。

_DSC0534.jpg

明暗差の激しい被写体で、このレンズ特有の抜けの悪さが強調される。現像で工夫したけど、これが限界か。

_DSC0529.jpg

流水を撮るのには、シャッタースピードを遅くするわけです。コレは1/30秒、これくらいのシャッタースピードだと、一眼レフの場合、ミラーショックが気になる。レンジファインダーならミラーショックはないが、機械シャッターが走るので、そのショックがある。α7sの場合、完全サイレントモードというのがあって、通常は機械シャッターが走るのだが、おいらは五月蝿いのが嫌いで、完全サイレントモードにしている。なので、機械シャッターは動きません。画素数の多いα7とか、新型だと完全サイレントモードが使えない。完全サイレントモードは機械的なショックがないので、ブレない。

_DSC0529pp.jpg

等倍切り出し画像。完全サイレントモードの利点はもう一つあって、機械シャッターが動かないので、どれだけ後ろに出っ張ったレンズでも使える。ルサールとかコンタックスG用のビオゴンとか、伝説の名レンズが使い放題ですw

コメント(2)

このレンズ、なつかしい。
大昔に、借りたFE2につけて撮っていた。
当時一番安い標準レンズだったんじゃないかな。
とにかく小さいところが良かった。

で、望遠は105mm/1.8を使っていた。
これはライブ撮るのにつかっていたが、そういうのには向いているレンズだった。

自前でカメラを買うとき、ニコンは中古でも高いので、キヤノンに走ってしまったが、今でもF2あたりはほしいと思っている。

安心できる僕らの日常のスタンダード。これでずっとやってきた。
だからこそ、個人として自身だけの、安価なLUMIX~LEICAとSIGMA-dp。無上でつ。センス皆無な一般大学卒の独尊マニアがグダグダしないのが一層安堵。

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山