機材庫の番人ヨンサンパーロク

| コメント(10)
_KOJ3288.jpg

おいらが若いころに働いていたアリス出版というのは、自社で制作をやる出版社だったので、一応、写真部みたいなのがあって、機材庫があった。とはいえ、ほとんど毎日のように撮影があるので、機材庫はいつも空っぽ。でも、このレンズだけはいつも番人のように転がっていたw 新聞社なんかでもそうだったらしいね。機材庫の番人と言えばコイツという、定番ですw なんでこのレンズが機材庫の番人になってしまうのかというと、43-86mmという中途半端な焦点距離、F3.5という暗い開放値で、しかも写りが悪いw 固定焦点の標準レンズの方がマシじゃん、という、まぁ、そんな感じです。この時代、プロの金持ちカメラマンは、35-70の標準ズームを使っていた。そちらは値段も倍以上で、開放からシッカリした写りです。とはいえ、ロモやルサールが喜ばれるという時代、「Nikonなのに、コレだけ写りが悪い」レンズというのは、ある意味、貴重ですw 全部開放で撮れば、意識高い系若者の喜ぶ特殊効果レンズですw ヤフオクでもタマが多くて、安い。3000円もしないだろう。マウントアダプタの方が高いくらいだw オールドレンズの「昭和の写り」を楽しみたい向きには、入門用としてオススメです。

_DSC0550.jpg

リア充氏ね! じゃなかった、高校生くらいのカップルが水に戯れていたんだが、機械シャッターを使わない「完全サイレント・モード」は狙った瞬間がピタリと撮れます。ミラーのガッシャンもないし、シャッター幕も動かない。レンズがAFじゃないので、そのタイムラグもない。こういう時、連写モードで誤魔化す人が多いんだが、一発必中の精神でお願いしますw

KOJ_2994_300.jpg 980円(税・送料込み)
<食べる緑茶・ヤマセン80g>

上級煎茶を、時間をかけてゆっくりと粉末にしました。熱い湯を注いでかき混ぜてお飲み下さい。水だしの時は、水に溶いて15分ほどしてから飲むと味がしっかりと出て来ます。まろやかで風味が良く、お茶の栄養を丸ごと補給できます。お茶として飲んで頂いてももちろん美味しいですが、緑茶塩やごま塩に混ぜて使うと彩りにもなり、おすすめです。また、人気の緑茶の焼酎割りや、ミルクに溶いても美味しく頂けます。

 2260円
<落合ハーブ園> 5種類のJAS認定ハーブの ティーバッグ(1.2g×25個入) 

レモングラス、レモンバーム、スペアミント、レモンバーベナ、ペパーミントの5種類の純国産有機JAS認定ハーブをブレンドした、さわやかで飲みやすい、自社製オリジナル・プレミアムブレンドハーブティです。 疲れたとき、一息入れたいとき、ハーブの力でリラックス&リフレッシュしてくれます。

豆州楽市がお届けします。

_DSC0537.jpg

現像でキチンと処理すると、レンズの違いはほとんど出て来ないんだが、こんなに天気が良くても周辺部で光量が落ちているのは判る。曇った日なんかだと、凄い絵になりますw

_DSC0541.jpg

広角側では樽型収差、望遠側では糸巻き収差が残る。という事は、その中間では真っすぐに写るという事で、55mmくらいの、普通の標準レンズの焦点距離では、ほぼマッスグです。このレンズは比較的新しいAiタイプなので、ヨンサンパーロクとしてはコントラストも高く、写りも良い。それでもjpgの撮って出し画像を見ると、やはり「昭和の写り」ですw あと、このレンズが不人気だった理由のひとつは最短撮影距離で、1.2mまでしか近づけない。室内では使えませんw

コメント(10)

お尻がイイ
以上報告終わりw

味があるという感想、鮮明さ、だけではない写真という不思議。

なぜか黄昏た午後みたいな雰囲気に写るレンズですねw
下2つは古びた焼き芋の屋台をひいているとさらにGood!デスw

>一発必中の精神

後ろから両手でおっぱい揉む感じですねw判りますww

>あと、このレンズが不人気だった理由のひとつ

ズームの方向が、他の直進式と違って逆なのも忘れないでw
不人気って言われる割には、売れたんじゃないの?www

親父がペンタックスMEとか使ってたので、自分もMZ-5で1眼レフを始めた。
その頃は、F2.8で28mm-200mmの軽量コンパクトなズームレンズが1本あれば十分だよね?とか思ってましたw
実際はそれを作るとなると大変なのが段々と分かってきたw
結局、シグマのF5.6で28mm-200mmの安っいズームレンズを中古で買ってあまり大した写真は撮れなかったな。
それと比べても43-86mmは中途半端だw ポートレート用?

上の「それは」オートボーイの38-90mmとかです。抜けてましたw

1960年代の技術では、スチール用で2倍ズームというのが限界だったんだよ。
特に、標準スームでは。
望遠ズームだと、もう少し設計が楽になるんだが、それでも80-200が精一杯だった。
Nikonでも、他のズームレンズは高かった。みんな10万円以上だった。このレンズだけは異常に安かったので、たくさん売れましたw

MF時代の技術じゃ望遠ズーム(100-200mmF5.6とか)とか43-86mmくらいしか造れなかったが、70年代後半になって安価な35mmスタートのズームが出て、AF化後の90年代になってやっと使えるズームが出てきたと記憶している。
MFの頃は低分散や非球面手軽に使えず、画質が良い単焦点でシステムを揃えるのが当たり前で、カタログでもズームは特殊レンズ扱いだったのだよ。

写真撮る人でカメラに拘る人っていざ撮る時にあーでもないこーでもないして良いシャッターチャンス逃しまくってるんですよね。非常にイライラします。野次馬さんの写真はその点外して無いのカモ。何枚も撮った1枚の当りカモしれないけれど。この当りを見る限りはスイスイ撮っていくタイプなのかなーと思いました。

非球面(インジェクション成型)は、その後のデジカメ世代ですwww
研磨の非球面は、ノクトみたいに1枚でも一本15万ですwww

それよりもPCの発達のおかげで、ズームレンズの設計が楽になったのが先ですww
おかげで、タムロン、シグマ、トキナーなどのレンズメーカーが表に出るようになりますたww

パナはインジェクションで非球面を作る為にAFMまで開発しますたwww
この辺のおかげでルミックスは良かったのかも?w

デジイチのキットレンズが安いのもこれらのおかげっすw
あと、エンプラ鏡胴ww

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山