イギリスでは山葵は一本4200円です

| コメント(5)
豆州楽市の山葵園なんだが、ちょうど良い資料を見つけたので紹介します。山葵師諸氏は、よく読んで勉強するように。2009年に東京大学大学院 農学生命科学研究科 森林科学専攻 森林風致計画学研究室」というところが調査した資料なんだが、調査メンバーに中国人の名前があるのが、いかにもですw 中国は、日本に輸出するために、この頃から盛んにワサビ栽培をやっている。つうか、伊豆の産地で聞くと、アメリカのミネソタとか、スイスとか、あちこちから見学に来てます。本物の水ワサビの生産量は非常に少なくて、需要を満たせない。2012年にはイギリスで初めて、クレソン業者がワサビ栽培に成功したというんだが、「欧州で初めての商業ベース」だそうで。ちなみに出荷価格は「100gで4200円」だそうで! 築地の真妻種ですら、100gあたり1350円なんだから、三倍以上だ。航空運賃なんてkgあたり数百円くらいなので、どれだけ外国で日本のワサビが珍重されているか、値段だけでもわかる。それなのに、伊豆ではワサビ栽培は発展しない。むしろ、年々、作り手が減り、生産高が減る。何故なのか? それにはそれなりの理由があるわけです。

KOJ_2827_3001.jpg 4800円(税・送料込み)
<サーフビバレッジ 生ハーブティー 350ml×24本 >


新発売!

ホテルニューオータニ監修の、生ハーブ茶です。ほぼ無色透明です。砂糖や香辛料など無使用なので、「ほとんど水」です。生ハーブ茶のペットボトルという商品は滅多に見ないので、貴重です。原材料のハーブは、完全無農薬、有機栽培の箱根のハーブ。なんせホテルニューオータニの看板なので値段はちょっと高いが、それだけの価値のある商品です。

豆州楽市がお届けします。
伊豆のワサビ田は、畳石式と呼ばれて、大きな石から徐々に小さな石、そして砂と、1メートルにも及ぶ地盤を作るところから始まるわけで、コレは伊豆の天城特有です。余所の産地では、そんなに大規模な土木工事をしない。そして、ワサビ田には「ハンノキ」を植える。これも伊豆特有です。ハンノキは、夏の強い日差しを遮る。ワサビというのは繊細な作物で、「20℃ 3時間以上で根の腐敗が始まる」わけだ。おいらもベランダで栽培してみたが、クレソンは元気だが、ワサビは夏を越せなかった。アタリマエですw そんなわけで、日本でもワサビの栽培をやっているのは「豊富な湧水のある山間地」に限られるわけですね。中伊豆の場合、水温は8度-18度です。天城山は雨が多いのでも知られていて、その山水が湧くので、年間を通して適温の水が湧く。しかも、冬でもあまり寒くないので、長野や山梨の産地より生育が早い。寒い土地では、冬には成長が止まります。まさに、日本一の産地です。

ところで、伊豆のワサビ栽培の発祥なんだが、これはハッキリしている。1744年、天城湯ヶ島の山守、板垣勘四郎という人が、三島代官の命で静岡市の有東木を訪れたわけだ。目的は、椎茸栽培の技術を伝えるためです。当時は、菌糸を植えるという技術がなくて、雑木を伐って、山のてっぺんの、風通しの良い場所に置いていたそうです。自然に飛んでくる菌糸を待つという、そういう方法です。今まで知らなかった技術を教えて貰った有東木の住人は、その代わりとして、門外不出だったワサビの苗を持たせてくれた。ワサビが門外不出だったというのは、徳川家の独占だったからだ。ワサビは、白鳳時代から使われていたそうだが、希少な自然種だけだったので、庶民が使えるような薬味ではなかった。それが、寿司、蕎麦、鰻の白焼きなど、江戸を代表する料理の数々に使われるようになったのは、伊豆でワサビ栽培が始まったからだ。日本の料理を支えてきたのが、中伊豆のワサビです。

さて、豆州楽市ワサビ田は冷川というところにあるんだが、冷川からひと山越えると、伊東の港に出る。山道とはいえ、たいした距離じゃないので、江戸時代の人の足でも3時間くらいだろう。そこから手漕ぎの小舟で、江戸まで運びます。3日くらいかかるかも知れない。でも、たかが3日です。葉物野菜じゃないので、それくらいは余裕だ。伊豆のワサビが定期的に供給されるようになって、初めて、日本料理にワサビがふんだんに使われるようになった。他の産地だと、陸路で1週間かかるので、殿さましか食えませんw 「和食」というのは、中伊豆のワサビがあって初めて成立するのだ。

そんなに評価の高いワサビなのに、なんで生産量が減るのか? それは、大規模な土木工事なので、台風や大雨で崩れたり、流されたりすると、回復が大変だからだ。もともと中伊豆のワサビ田は入会地で、集落の全員が総出で、工事をしていたわけです。それば、現金収入を求めて働きに出る家が増え、崩れたら復興が出来ない。そして高齢化。何十年も先を考えて、石を積んでワサビ田を作ろうという人がいなくなった。おいら、狩野川台風で失われた「ハンノキ」を植えようと思っているんだが、育つのに10年かかるw ハンノキは、日陰を作るだけじゃない、空気中の窒素を同定する作用があるので、ワサビの肥料にもなる。それより何より、ハンノキのあるワサビ田は景観的に美しいです。

コメント(5)

伊豆裸夢教最高指導者大勝利!w

>伊豆のワサビ田は、畳石式と呼ばれて、大きな石から徐々に小さな石、そして砂と、1メートルにも及ぶ地盤を作る

なるほど、それで自重12トンクラスのユンボですか
http://blog.shadowcity.jp/wasabiman/2015/04/no.html

山葵田ぐらいなら0.8〜1トンクラスが最適だと思ってたので不思議でした

中国産のトリュフが2700円/100gでフランス産だと21500円か。イメージ・ブランド戦略が大切だろう。中国産のトリュフなんか食べたくないね。

遊び道具じゃない
https://www.youtube.com/watch?v=0vOMu5JKnu4

正しく広めたいですね
https://www.youtube.com/watch?v=PcU4jDVdZOM

山葵もフランス和牛やアメリカン和牛みたいになりそう。

単なるユンボというよりは、
高性能林業機械のような気が・・・。

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山