三波春夫からバディ・ガイに至る

| コメント(15)


さて、いよいよ歳末も押し詰まって、もうすぐ大晦日です。豆州楽市直営店でも、これから初詣のお客さんもたくさん来るだろう。ちょうど、三島駅降りて、三嶋大社に歩く途中なので、これから忙しいです。元旦だけはお休みさせていただきますが、それ以外は、大晦日も営業します。で、大晦日といえば紅白歌合戦なんだが、紅白歌合戦といえば思い出すのが三波春夫で、オオトリで元禄名槍譜・俵星玄蕃とか、「雪を蹴立てて、サク、サク、サクサクサク」とか、名台詞を思い出しますね。



三波春夫亡き今、時は平成、いずれは島津亜矢なんぞがオオトリで俵星玄蕃を演じる時代が来るのか? ところで、これは「歌謡浪曲」と呼ばれるジャンルです。浪曲というのは、戦前、戦後までは人気のあった芸能だったが、戦後、急速に廃れてしまった。そんな中、天才浪曲師として知られていた三波春夫は歌手に転向して、歌謡浪曲で生き延びる。この人、色々と転向する人で、シベリア抑留していた頃には、すっかり共産主義者になって、浪曲レーニン伝とか演っていたらしいw 俵星玄蕃は架空の人物で、

俵星玄蕃【たわらぼし げんば】...元・尾張家の家来の浪人。45-6歳。
吉良家の近所(横網町)で道場をやってる槍の名士で、土(とか砂)の詰まった俵を槍で突いてポイポイ放り投げる「曲突き」という特技を持っている。三国一の槍の名人。
腕を見込まれて吉良家側から千坂兵部(とか小林)にスカウトされるが、そばやに身をやつしている杉野十平次に同情を寄せてるので断る。杉野はなにを聞かれても白状はしないが、玄蕃は彼のことを赤穂浪士と見込んでいたのだ。
玄蕃が吉良側についてはたまらんと杉野は事情を内蔵助に話す。内蔵助は原惣右衛門にそう言って玄蕃の道場まで松平家を騙って偽スカウトにやり、吉良の用人になることを避けさせる。
討ち入りの夜、陣太鼓の音を聞いて飛び起きた玄蕃は吉良邸へ討ち入りに駆けつける。そこでユニフォーム姿の杉野と再会。
杉野との再会のあと助勢を申し出るが、内蔵助から丁重に断られるので両国橋で上杉勢を単身、通せんぼする。


討ち入りの夜には、赤穂浪士に加勢する野次馬が700-800人ほど、吉良邸周辺で見守っていたというフィクションがあるので、その中の一人ですw 忠臣蔵は、色々と尾鰭が付いて、話が大袈裟になりますw

KOJ_2202_300.jpg 限定40セット 3300円
<真富士屋食品 静岡おでん>八千代×2 黒スープ×3

静岡自慢の、充実おでんセットが、合計5つです。しっかり味が染みて、温めるだけで美味しくいただけます。各460g×5つになります。寒くなって参りました。そんな季節には、是非、本物の静岡おでんをお試し下さい。

豆州楽市がお届けします。
さて、そんな風に愛されていた浪曲なんだが、最初の「国民的スター」が桃中軒雲右衛門です。この人、沼津で桃中軒の弁当食って、美味しかったので名前をいただいた、というエピソードがあるんだが、忠臣蔵を得意としていた。武士道鼓舞で、軍国主義の風潮に乗って、大ヒットしました。次のスターは、広沢虎造で、こちらは清水次郎長伝でヒット。けれど、TVの普及で急速に浪曲は廃れる。ところでおいらの親父は詩吟の先生をやっていたんだが、酔っ払うとよく浪曲演ってましたw 得意なのが「乃木将軍と辻占売」という演目で、宮川左近は名人だ、と良く言ってました。ところが、この「宮川左近」という人は、つい最近まで活躍していたわけです。



宮川左近ショーと言えば、関西では有名だったらしい。時々TVにも出てましたね。もちろん、乃木将軍と辻占売の宮川左近と同一人物ではない。乃木将軍と辻占売の宮川左近は三代目です。田中角栄がファンだったらしい。戦前に亡くなってます。ショーの宮川左近は四代目です。食えなくなって、寄席芸人になったのだろう。ちなみに宮川大助はこの人の弟子です。

浪曲というのは、日本が大陸進出して軍事国家をやっていた時代に、「武士道」を鼓舞するために演じられたという経緯があって、そのために戦後は廃れてしまった。けれど、初期の演歌歌手がみんな、浪曲出身だったりして、日本人の感性のベースです。で、意外に知られてないんだが、あの初代・高橋竹山も浪曲の伴奏をやっていた事もある。



民謡と浪曲というのも非常に関係深いんだが、浪曲の直接的な先祖というのは「説経節」です。説経節というのは、元は仏教の説教から来ているので、題目が浪曲とは違う。武士道なんて関係ない。有名なところでは、「山椒大夫」「葛の葉」「小栗判官」など。今でも説経節は生き残っていて、三代目若松若太夫という人がいるようです。初代の音源がこちらです。演目は「佐倉宗吾郎」です。武士道どころか、武士に反抗して百姓一揆を起こした人物ですw



説経節と隣接した芸能として、「瞽女」というのがあげられる。本物の瞽女は、全員、死に絶えました。最後の越後瞽女、小林ハルさんは105歳の大往生でした。おいらも、大学生の頃に、文化祭で瞽女さん呼んでリサイタル主催しました。やはり100歳近い高齢だったんだが、ナマで瞽女を聞けたのはラッキーでした。



瞽女は、民謡も歌うし、語り物も演じる。何でも演ります。レパートリーは異状に多い。昼間、角付けして歩き、夜には懇意にしている家を借りて、近所の人を呼んで、ジックリと語り物を演じる。伊豆にも、瞽女さんが吹雪で遭難したという峠があります。江戸時代には日本中にいたらしい。というわけで、三波春夫の俵星玄蕃から、日本音楽のルーツを辿ってみたわけだが、浪曲も死に絶えたわけじゃない。若手(といってもかなりの年だがw)がバディ・ガイと共演したりしてますw 国本武春さんです。この人、何故か、アメリカに留学していた事があるw

コメント(15)

>国本武春

あのひとバンジョーの演奏家になるために(ウソw)

バディー・ガイと国本武春。
いや、たまげました、これには。
すてきな演奏のアップをありがとうございます!

野次馬さんの正体、本性の、 や さ し さ が伝わる。

俵星現場監督と言えばチャンバラトリオ。

野次馬さん、音楽ネタありがとうございます。
MS氏曰く「(ネットゲリラの)たぶん本質は音楽紹介ブログではないかと思う。まあDJみたいなものでしょうか。DJも音楽選曲次第で深いメッセージを伝えられるので政治的影響力はあるわけです」。
http://mswamita.jugem.jp/?eid=196

三波春夫とか年末らしいかんじでいいですね。
宮川左近ショー、三人そろって芸達者、芸も見せつつ笑いでまとめるところがなんとなくマルクス兄弟を思い出させる。
https://www.youtube.com/watch?v=rWae1mkLJ_Q

三味線をピックで弾いてるあたりが芸人らしい。
ギターはいわゆる「タクアン声」(小島美子)で、これもいい。
それをまとめあげるリーダー、ああいう芸のしっかりしたプラットフォームがあれば、上にどんな芸(上手いのに限る)がのっても大丈夫だろう。
そういや、荷風「断腸亭日乗」で、近所のラジオから聞こえる浪花節に迷惑する話があったので、そうとう流行ったのだろう。

二代目若松若太夫と初代の竹山は見たことがあったな。
竹山はすでに晩年で、派手さよりも着実な中身のつまったかんじの芸で、最後にちょっと目頭が熱くなった。
若松若太夫はその反対に、泣かせようという気が勝りがちな芸で、かえって泣けなかった。
というか初代を聞いて思ったがわりとクドイのが説教節の味なのかもしれない。

瞽女といえば、斎藤真一の絵を思い出す。ついでに三上寛も思い出す。
三上寛から三角寛を思い出して、サンカには固有の芸はなかったのだろうか等ととりとめもなく思い出して、放浪というところでやっぱりまた瞽女に戻ってくる。

それにしても、この辺の芸の人は息が長い。
バディ・ガイ、74歳時のギター。
https://www.youtube.com/watch?v=doBxLZJzLsE
1:30より後のギターを聞くたびにのけぞりますwww
国本武春さんもこれからがおいしくなるのではないでしょうか。

>最初の「国民的スター」が桃中軒雲右衛門です。

 桃中軒の弟子が酒井雲で、その弟子が村田英雄です。九州の田舎に行けば、村田英雄が子どものころ村々を回ってたころを覚えてる大年寄りがまだご存命のようです。

 村田については、こういう話もあります。
「「風雪ながれ旅」、実はもともと村田英雄を想定して書かれたのですが、村田が『いい歌だが、私は浪曲師なので、津軽三味線の歌は・・・』と辞退し、­北島三郎へ廻ったという裏話」

 なぜ村田が断ったかですが、YAHOO知恵袋のベストアンサーというのがこれ
「村田さんのルーツである浪曲は、たとえば公民館のような会場でも、しっかりした舞台セットをしつらえます。それと違い北島三郎さんのルーツは演歌師(いわゆるギターの流し)、客に頼まれれば飲み屋の入口でも歌わなければならない芸です。津軽三味線も、元々門付けの芸、亡くなった小沢昭一さんは『地べたの芸、生きるための芸』と言っていました。」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1099893520

 間違いではないのでしょうが、子どものころ村々を回ってきた村田としては、身につまされて歌えたもんじゃなかった、ということかも。

 その村田の一番のヒット曲「王将」の作詞家が、浪曲のイメージからはほど遠い仏文教授で詩人の西条八十でした。

>野次馬さん、音楽ネタありがとうございます。
MS氏曰く「(ネットゲリラの)たぶん本質は音楽紹介ブログではないかと思う。まあDJみたいなものでしょうか。DJも音楽選曲次第で深いメッセージを伝えられるので政治的影響力はあるわけです」。

これは同意。

自分で歌ったり、小沢・細野ヨイショ記事はやめてくらはい。

 「玉川カルテット」のことも皆様、リスペクトをお願いします。
所謂「色物」の芸人さんたちは往年の活躍時の映像が
DVD化されたりしないのがもったいないですねえ。
二葉しげるさんの「カネも要らなきゃオンナも要らぬ~」のギャグは
次世代にも伝承されることを強く希望します。

>カネも要らなきゃオンナも要らぬ~

カネも欲しいしオンナも欲しい~♪wわたしゃ売国公務員www

じゃ、「恥丘のうえにあさがくるぅー」

>野次馬さんの正体、本性の、 や さ し さ が伝わる。

今日仕事して今年は仕舞いじゃぁ。

今年も一年間、無病息災・無事故で過ぎ越すことができた。感謝!

三年前は辛辣な局面に遭遇し、ホトホト困惑したのだが野次馬さんが救いの手を差し伸べて呉れた。感謝!

モナ夫押しとか色々あって「シャッ長さん、ちょっとそれは・・・?」
ってのもあったりなかったりするものの野次馬さんはガチで優しいですよ。善意で生きてる人ですな・・・

バディ・ガイっつぅ~っと、水玉模様のストラトだなぁ。
水玉模様のロールスロイスで迎えに来る、って母親との約束を果たす前に、母親が亡くなって。。。

高田(気化人)Ver.2.0、発見w

浪曲師の国本武春さん死去 55歳 「にほんごであそぼ」で人気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000085-spnannex-ent

NHK・Eテレの子ども番組「にほんごであそぼ」などで人気を集めた浪曲師の国本武春(くにもと・たけはる、本名 加藤武、かとう・たけし)さんが24日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。55歳だった。千葉県出身。

ちょっと早すぎる。
こういう系統の音楽は、年とってからのほうがいい味が出てきて面白いのに。
若いのに、無念だったろうな。
惜しい方を亡くしました。ご冥福をお祈りします。

浪曲師の国本武春さん死去 55歳 「にほんごであそぼ」で人気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000085-spnannex-ent

NHK・Eテレの子ども番組「にほんごであそぼ」などで人気を集めた浪曲師の国本武春(くにもと・たけはる、本名 加藤武、かとう・たけし)さんが24日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。55歳だった。千葉県出身。

ちょっと早すぎる。
こういう系統の音楽は、年とってからのほうがいい味が出てきて面白いのに。
若いのに、無念だったろうな。
惜しい方を亡くしました。ご冥福をお祈りします。

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山