ピザを作る

| コメント(0)


_DSC1348.jpg

ピザです。自分で作れば安くあがる。小ぶりだが、一枚200円もかかってないんじゃないかな。生地は、強力粉250g薄力粉50gです。これでこのサイズが4枚取れる。塩を小さじ1/2、ドライイースト5g入れて、オリーブ油少し入れて、揉んで延ばして丸めて、乾かないように保温しておくと、1時間で一次発酵完了。そこからまた、揉んで延ばして丸めて、四ツに分けて丸めて、20分くらいで二次発酵完了です。生地つくりのコツは、「発酵は温度による」という事で、しっかり保温する事ですね。おいらは大小のボウルを使って、湯煎みたいに保温している。寒い季節にはコレをしないと発酵が進まない。



いきなり粉がキロ単位w
業務用ミキサーやピザ釜のことやら。
コレはもうプロ志向でしょう。
ムック本じゃなくて、ハードカバーで出すような類のものです。
しかし、めくっていくうちに現れる様々なトッピングのレシピは一般の趣味の人でも参考になります。
ピザ生地にこれだけこだわるんだと理解できれば、ピザ屋に行ってもまた違った味わい方が出来るはず。
写真も大変美しいので、めくるだけでも楽しい一冊です。
生地を伸ばすのは、薄いピザを作りたければ麺棒使って伸ばす。フワフワの厚い、食いでのある生地が良ければ、手だけで伸ばす。ただし、そのやり方では4枚取れない。丸く伸ばしたあとでも、暖かいところで放置しておけば発酵で膨れる。急いで冷蔵庫に入れてしまえば膨らまない。

次はピザソースです。ピザソースの作り方も色々とあるんだが、おいらのヤツは塩辛ベースです。伊豆の田子では日本一の鰹節である本枯節を作っているんだが、その際にカツオのハラワタが大量に出るわけです。そこで作っている塩辛が、カツオのハラワタと塩のみというシンプルな物で、これが美味い。市販の塩辛は色々と添加物やら甘味料やらで調整してあるので、好ましくない。21日の伊豆グルメツアーでは、その鰹節工場にも行きますので、お楽しみに。そういう便利な物が手に入らない地域の人は、アンチョビでもいいかw ちなみにイタリアンに塩辛を使うというのは、イタリアンの激戦地、三島・広小路で店を構えるイタリア人シェフもやっている(ただしマカナイだけw)手法なので、正道ですw さて、まずは塩辛をオリーブ油で炒める。炒めると生臭さが抜けて、塩辛が溶けてバラバラになります。薄く切ったタマネギを入れて炒める。ニンニク粉も振ります。輪切りにしたセロリ、オレガノ、タイム、バジルなど入れて、400gのトマト缶入れて、グツグツ煮ます。塩胡椒で味付けなんだが、水分が少なくてすぐに煮詰まってしまうので、チキンスープを作っておいて随時、薄める。1時間弱ほども煮たら、フードプロセッサで微塵に粉砕して完成だ。

今日はシーフードです。スーパーで30パーセント引きとか半額とかやっていた海老や帆立、あとはマッシュルーム、チーズはゴーダチーズ、オーブンのデータは、300度で5分でした。

コメントする







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山