作るのは3日がかりだが、食うのは5分

| コメント(0)


_DSC1292.jpg

セロリと人参とタマネギ。それに牛スジ肉で、二日間かかって煮出したスープがベースで、こないだはハヤシライスこと、、ハッシュドビーフを作ったんだが、本命はこちらです。ビーフシチュー。三島西麓牛です。モモ肉なんだが、筋も残ったまま、大きくぶつ切りにして、味付けしてないスープで煮込む。なぜ、味付けしてないスープなのかというと、スープに塩味付けてしまうと、肉が締まって硬くなるからです。筋が柔らかくなるまで煮込むというと、ざっと数時間。まぁ、今回は5時間くらいだ。焼鳥の竹串でチェックしながら、肉が柔らかくなったらいよいよ味付けです。ここは作業の手順上から、肉をどけて、ソースだけで作業します。



結婚してすぐに買った本です。村上氏は元帝国ホテルの総料理長ですが、この本の中でも、決して驕り高ぶらずとても丁寧にお料理の解説をしてくれています。
村上氏は「本に載せるレシピは自宅の小さな台所で(業務用でなく)普通のコンロでできるかどうか試してみたものばかりです。そして帝国ホテルの料理として出せるくらい美味しく出来たものしか載せていません。私の本があなたの台所で何度も開かれ、シミだらけになり、たくさんの美味しい料理が生み出されることを祈っています。」というようなコメントを読んだことがあり、その日から村上氏にゾッコンです♪

この本では家庭になじみのあるハンバーグやポテトサラダ、グラタンやマカロニサラダといった洋食メニュー満載です。
手順が写真入で細かく出ているので野菜の面取りさえ「見ての通り」の親切さ。初心者にもピッタリ。そして味は最高!です。
マカロニサラダは特に絶品で、お友達のお家でランチの時に手土産にすると必ずレシピを聞かれます。

まずは、赤ワインとトマト缶。グツグツ煮込んで濃縮して行きます。ほどよい濃さになったら、塩胡椒。トロ味は小麦粉を炒めて茶色くして、バターで溶かし込んで、と、それだけ。ビーフシチューは、やたら時間がかかるだけで、使う素材や調味料はシンプルだ。ソースが完成したら、取り分けてあった肉を合わせて馴染ませ、マッシュルーム入れてひと煮立ち。こないだのハッシュドビーフと比較すると、ずいぶん色が違うのが判ると思うんだが、それだけ濃厚に煮詰まっています。で、さすがに肉もとろとろ柔らかくなっていて、箸でちぎれるほど。ソースは旨みのカタマリで、これは上等です。温野菜たくさん添えて、もりもり食えます。作るのは3日がかりだが、食うのは5分w ビーフシチューというのはそういうメニューです。

コメントする







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山