タイ風牡蠣入り焼きうどん

| コメント(0)


_DSC1185.jpg

マロニーちゃんで作ったパッタイが美味しかったので、今度はうどんで作ってみた。乾麺ではなく、割と細めの生麺です。細いので、茹でたら腰がなくてズルズルです。このズルズルさ加減が、タイの米粉で作った面に似ているw ナマのモヤシは日本人には「モヤシ臭い」と不評なので、ナンプラーでサッと軽く炒めてます。さて、パッタイというか、焼きうどんというか、まずは支那鍋に豚のバラ肉。ニンニクとショウガを効かせて、干し海老。今回は中華の干し海老です。量は少なくても高いね。でも、味の決め手なので、コレは欠かせない。牡蠣が余っていたので、それも投入。タイでも、ホイトートとパッタイは同じ屋台で調理しているので、頼めば牡蠣入りの贅沢パッタイも作ってくれます。おいらの好物ですw ニラをアクセントに使います。



不揃いとなってますけど、全く気になりませんー。
ホントに美味しい稲庭うどん!
また頼みまーす!
具をせっせと炒めて、程よい所で茹で上げた麺を投入。海老の戻し汁や、牡蠣から出て来た旨み汁をうどんに染み込ませたら、仕上げにナマの玉子を割り入れて、味付けはせいぜい塩と砂糖少々。玉子が程よくほぐれて固まって来たら完成です。味付けはほとんどしてないので、これにナンプラー、チリソース、スイートチリソースなど、自分勝手に味付けして食べましょう。写真には写ってないが、クラッシュした南京豆をドバッと振り掛け、ライムをたくさん絞って、酸っぱくして食べます。で、この料理の醍醐味というのは、ボソボソした南京豆と、ズルズルに延びたうどん、その逆で、シャキシャキしたモヤシといった、相互に矛盾する食感をひと皿に詰め込んだ面白さというのがあるわけで、味も、酸っぱかったり、辛かったり、甘かったりする。タイ人は物凄く砂糖を効かせて調理するんだが、それに味の素を大量に加えるので、ちょっと気持ちが悪くなるほどです。なので、今回は砂糖は控えめに、味の素はナシ。旨みは具沢山で補強するという手法で仕上げた。そのまま食べればアッサリ味の焼きうどんだが、タイ風の調味料を好きなだけ掛ければ、なんともエスニックな美味しさに変身です。

コメントする







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山