癒しの熱帯楽団again

| コメント(1)




さて、マーティン・デニーの二回目ですw いやぁ、癒しの熱帯楽団ですね。一曲目は。代表作の「クワイエット・ビレッジ」。この曲で彼は全米トップに登りつめ、熱帯の曲といえばコレが定番になった。今でも盛んに演奏されてます。歌詞も付いたらしい。それにしても、鳥の声も含めてわずか5人で演ってるとは思えない、音の充実ぶりです。




クレバノフ楽団。クレバノフという人は、パーシー・フェイス楽団のコンマスだった人らしい。自分でバイオリンを弾きながら指揮をするんだが、物凄く達者だったそうです。ティンパニーは音程がちゃんと出せるので、それを上手に使ってますね。パーシー・フェイスというえばこれもまた全米一のエレベータ・ミュージック楽団だったので、クレバノフ・ストリングスもレベルは高いです。



アンクル・キキさんです。カラオケの伴奏でスチールギター弾いてます。スチールギターというのはハワイアンでは看板楽器なんだが、マーティン・デニーは使わないですね。ウクレレもあまり使わない。看板楽器をどっちも使わずに、熱帯サウンドを作り上げたんだから、たいしたもんだ。もっと広い世界を視野に入れていたんだろう。ところでハワイに行くと、ホテルのロビーとか、あっちこっちでこういう人が演奏しているもんなのか?



コレはとんだ拾い物だったw エロチカ・バンブーさんの「バーレスク」です。バックで「クワイエット・ビレッジ」を演奏しているのは、マティーニ・キングスというバンド。なんだか、ピンク・マティーニとジプシーキングスを足して割ったような、パチ物臭い名前ですw むかし、日本のキャバレーで演じられていた「ストリップ」の路線です。キャバレーでは、最後に、客席にお尻を向けて最後の一枚を外すんだそうで、客席から「大事な部分」は見えないものの、バンドマンからは丸見えだったそうですw ちなみにこの人、世界各地で活躍しているんだが、日本人です。



ワイキキのニューオータニで演奏していた老人だそうです。レストランのようです。アーサー・ライマンというのは、マーティン・デニーの楽団でマリンバを叩いていた人で、マーティン・デニーが全米ツアーで稼ぐだけ稼いで引退状態だった時期には、自分の名前で何枚もアルバムを出している。ハワイ出身で、鳥の鳴き声も自分で出してます。この人の娘さんも歌手で、二人で組んだアルバムも出してます。





そんな、アーサー・ライマンの演奏する「Taboo」です。日本ではすっかりストリップの曲として有名w こうした熱帯サウンドというのは、ニンゲンの原始的欲望をくすぐるところがあるんだろうか。この曲については以前、「ちょっとだけよ、あんたも好きねぇ、という曲」でやっているので、そちらを参照下さい。



おまけ。


もひとつオマケのエロ竹さんです。頑張れ、おばちゃん!

コメント(1)

明日は 立春

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山