2013年2月アーカイブ



IMG_7445.jpg

鶏肉のチャーシューです。鶏屋に行って、モモ肉と胸肉を買って来て、それをそのまま丸めて縛って、まぁ、あとは「鶏肉のチャーシュー」を見てくれ。タレに漬けて食うのもいいが、ここでは粒マスタードを合わせたマヨネーズを添えてあります。


Z-LIGHT Z-108 B ブラック



最初は他のもっと安いライトでも良いかな~っと思っていましたが、皆様のレビューと、メーカーがライト屋さんであることを見て、ライト屋さんの物であれば信頼出来るかな、とこれに決めました。(他に比較していたのは、どれもライト屋さんではないメーカーだったので)
取り付けは簡単で、クランプも金属の机だったのでしっかりと固定する事が出来ました。
球はレビューを参考に、明るめが良かったので東芝製のLED電球LDA6N/2(昼白色)を一緒に注文。
実際に点灯してみると...ちょっと明る過ぎたかもしれません。
机とライトの距離が40~50cmしかなかったので、もう1段階光量は少ないのでも良かったかな~。
部屋の電気を消して、これだけでも十分すぎる程の光量でした。
肝心のライトですが、Zアームの軽やかなこと!
すらっと動いて、ぴたっと止まる。
簡単に角度調節も出来て、思い通りの場所にライトを固定出来ます。
それよりZライトだ。居間までは背後からのライティングと、トップからのスカイライトだったんだが、どうしてもカメラ側が暗くなるので、手前からレフで起こしていたわけです。まぁ、天ぷらガードなんだが。レフで起こすというのは、どうしても弱い。それに邪魔。そこで、手前から光を入れるために、Zライトを購入した、というわけです。

鶏肉のチャーシュー

| コメント(6)


初出/2012/1/28

IMG_2085.jpg

鶏肉のチャーシューです。2ちゃんねる発の「鳥はむ」というのがあるんだが、それにも近い。ただし、こっちは作り方も、豚の角煮と同じだし、味付き。醤油ダレに漬け込んでいいアクセントなんだが、マヨネーズ付けてサラダ感覚でもいいね。もちろんラーメンに使ってもいいだろう。よく、市場の惣菜屋なんかでもこういうの売っていたりするんだが、豚肉の角煮とかと違って長時間煮込むわけじゃないので、もっと手軽です。




シャーベットを作る

| コメント(3)


IMG_7430.jpg

スムージーが作れるくらいだから、シャーベットも作れる筈。実のところ、こないだ作ったいちごみるくのスムージーと、シャーベットとは、中身はほとんど違わない。違うのは「安定剤」が入ってるか否か、だけです。安定剤というとナニヤラ難しい言葉に聞こえるが、実際には「ゼラチン」溶かして使うだけです。フランスでは「シャーベット」ではなく「ソルベ」と呼ぶそうだが、他に卵白が入るらしい。泡立ててメレンゲにして使います。安定剤が入らないスムージーをむりやり冷凍庫で固めると、安いアイスキャンデーみたいにゴツゴツになって、レストランみたいなシャキシャキのシャーベットにならない。シャーベットについては、ヤフー知恵遅れのこのQAが詳しいです。




ひとり暮らしの狭いキッチンにかき氷機はツライので、これ買ってみました。
毎週末氷を粉砕しまくりひとりかき氷と毎日冷凍フルーツでスムージー作ってビタミン摂取して猛暑を乗り切ってます。
ほんと楽しくて美味いね。
秋になったら魚を粉砕して鍋はじめますよ。
冬は・・・何粉砕しようかな~♪
まあ、小さいから作り置き派の人やたくさん食べる人とかには物足りないかもね

クイジナートの一番容量の大きいフードプロセッサーを使っています。便利なのですが、少量で使いたい時には若干、不便を感じ一番小さいサイズの購入を考えていました。置き場所もいるのでなかなか購入に踏み切れずにいました。そんな時雑誌で紹介されていたのがレコルトのカプセルカッターでした。かき氷もできると書いてあったので購入。角氷で作ったかき氷は思った以上に素早く、滑らかな出来に驚きました。


当サイトでは、空気清浄機だけじゃない、このカプセルカッターも17台売れました。小さいのが使いやすいと評判です。もちろん、今回のシャーベット作るのにも大活躍です。



IMG_7406.jpg

汐ダラの切れ端を安く売っていたので、フイッシュアンドチップス。そのままでは塩っぱいので、しばらく水に晒して塩を抜きます。汐ダラは安いね。それも切れ端となると、また、一段と安い。本物のフイッシュアンドチップスはコロモにビールを入れたりするらしいが、飲み残しのビールがなかったので、普通にフリッター仕立てです。フイッシュアンドチップスというくらいなので、ジャガイモも揚げる。


家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でクレソン)


消化を助けると言われ、肉料理には欠かせないクレソンを窓辺で種から育て、大きくなったら料理などで楽しめる水耕栽培のセットです。発芽温度20℃前後生育温度15℃~20℃ですが、日当たりが良く、温度管理ができる室内なら周年栽培が可能です。栽培キットが失敗する理由の一つは水やりのタイミングですが、「窓際族」は水耕栽培のため、水が枯れない限り水やりでの失敗はありません。2リットル分の液体肥料が付いているので、説明書通りに作ればガーデニング初心者や未経験者、ベランダがないご家庭でも失敗なく種から育て、収穫まで出来るハーブの栽培セットです。丈の高いハーブのための支柱(別売)がついた、インテリアにもなる収納箱(別売)もあります。
水耕栽培キットが430円だそうで、クレソンは水が切れるとすぐに萎れてしまう、日持ちのしない野菜なので、自家栽培もいいですね。つうか、買って来たクレソンをコップに挿しておくと、勝手に根っこが生えてきて、葉も伸びて来るので、栽培は楽だと思う。

うさぎごはん

| コメント(12)


IMG_7380.jpg

今日のヒルメシはウサギみたいなんだが、生野菜ですw 残り物のロメインレタスの芯だが、グッタリしていたのを、逆さにして根本から水を強制的に流し込んで再生wそれだけでシャッキリする。人参、セロリ、カラーピーマンとスティックにして、あとはラレシとミニ大根。自家製タルタルソースでいただきます。



生後数ヶ月のネザーランドドワーフのために購入しました。
ケージの中にいれてみたところ、最初はものすごい勢いで齧っておりましたが、しばらくして中に潜られると理解したようです。
中で寝たり、ほりほりして遊んだりしてるようです。
ただ、上についてる耳の部分は本体部と接着面が小さく、届いて一日目にして齧られて外れてしまいました(笑)
Sサイズだけあって小さめなつくりなので、ロップイヤーは入れないと思います。小型の子向けです。

タルタルソースを作ろう

| コメント(8)


IMG_7359.jpg

カキフライ。市販の豚カツソースみたいなのでもいいんだが、ここは手作りのタルタルソースで食いたい。タルタルソースというのは、全然難しくない。むしろ物凄くカンタンに作れるモノなので、是非、自作してください。つうか、おいら、今まではラッキョウで作っていたんだけどね。今日はたまたまピクルスがあったので、ちゃんとピクルスで作りました。

テレサ・テン生存説

| コメント(3)


初出/2009-04-16

李香蘭とテレサテンというエントリを横に開いて、二人の色っぽい中国歌謡を聴きながら読んでいただきたいんだが、続きです。

李香蘭とテレサテンと、二人が歌っている曲というのは幾つもあるんだが、李香蘭がオリジナルで、テレサテンがカバーと、そう簡単なモノではないです。「夜來香」はそうらしいが、「何日君再来」は、中国人歌手が唄ったのをリスペクトしてカバーしたとかコンサートで発言しているし、もっとも、テレサテンは日本語でも歌ってるわけで、だとすると当然、李香蘭は聴いてるわけですね。つうか、テレサテンはローティーンでデビューしているので、李香蘭と活動時期は重なってないんだが、当然、その存在は知っていた筈だ。

で、テレサテンなんだが、おいら、
テレサテン死んだフリ説というのを昔から唱えているんだが、誰も相手してくれません。ロリポップの過去ログも消えてしまったので、再録しておきます。今回、川島芳子の生存説が浮上した事で、ますますおいらの確信は高まったんだが、川島芳子が身替わりを立て逃亡したというのは中華圏では当時からよく知られていた話であって、李香蘭のカバー曲を歌っているテレサテンもよく知っていたと思われる。国家権力の圧倒的な暴力の前には、時として、死んだフリをするのも処世の知恵というモノなのかも知れないですね。

歌伝説 テレサ・テンの世界~アジアが生んだ歌姫~ [DVD] 歌伝説 テレサ・テンの世界~アジアが生んだ歌姫~ [DVD]
価格:¥ 4,515(税込)
発売日:2006-03-29



テレサテンと三木たかし

| コメント(0)

初出/2009-05-12



作曲家の三木たかしが亡くなった。まぁ、作曲家というのは一般的には馴染みがない人種なんだが、三木たかしという名前には覚えがあるわけだ。他でもない、テレサテンの名曲の数々を作った人で、ヒット曲で言えば「空港」以外はみんなそうだね。で、上の映像はテレサテンの墓の前でテレサに捧げる歌をやっている三木たかしです。作曲家が歌っているところというのはあまり見られない景色なんだが、シミジミして良いものです。



台湾出身の演歌歌手、そしてアジアン・ポップスのパイオニア、テレサ・テン。日本/中国/台湾/東南アジア......と民族・国家の枠を越え、膨大な人々から愛されつづける大スターである。不慮の死を遂げた95年以降も圧倒的な人気を博す。その艶やかでいて柔らか、時に母性すら感じる歌唱は珠玉の極みと言えよう。
幼少の頃より、歌手として活動。台湾で十分なキャリアを積み74年に来日、同年「今夜かしら明日かしら」にてデビューを飾る。そして2ndシングル「空港」がスマッシュ・ヒットを記録。これを機に日本における地盤を確固たるものにしていく。その後も地道な活動をつづけ着実に支持層を拡大していったテレサ、84年には「つぐない」がビッグ・セールスをあげ、大物歌手の仲間入りを果たす。以降、「愛人」「時の流れに身をまかせ」「別れの予感」と全アジア的ナンバーを次々と輩出していった。



いちごみるくのスムージー

| コメント(8)


IMG_7349.jpg

スムージーというのがあるらしい。おいらの知っているマクドのマックシェイクとどう違うのか不明なんだが、まぁ、そんなもんだろう。もっとも、最近は果物で作るらしい。wikipediaによれば、

スムージー(英: Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物。クラッシュドアイス(砕いた氷)を使用したフローズンドリンクやフローズンカクテル、やわらかいアイス状のシェイクなどにも似ているが、こちらは材料そのものを凍らせて使用する。

1.細かく切った果物や野菜等を冷凍庫の中に入れ凍らせる。
2.凍った材料を牛乳やジュース等と一緒に、ミキサーに入れる(この時、甘くしたければガムシロップなどを入れる)。
3.ミキサーを使い、かき混ぜれば完成。口の広いグラスに注ぎ、好みでフルーツ等を添える。
作り方は以上で語り尽くされているんだが、ソコでコレです。



ひとり暮らしの狭いキッチンにかき氷機はツライので、これ買ってみました。
毎週末氷を粉砕しまくりひとりかき氷と毎日冷凍フルーツでスムージー作ってビタミン摂取して猛暑を乗り切ってます。
ほんと楽しくて美味いね。
秋になったら魚を粉砕して鍋はじめますよ。
冬は・・・何粉砕しようかな~♪
まあ、小さいから作り置き派の人やたくさん食べる人とかには物足りないかもね

クイジナートの一番容量の大きいフードプロセッサーを使っています。便利なのですが、少量で使いたい時には若干、不便を感じ一番小さいサイズの購入を考えていました。置き場所もいるのでなかなか購入に踏み切れずにいました。そんな時雑誌で紹介されていたのがレコルトのカプセルカッターでした。かき氷もできると書いてあったので購入。角氷で作ったかき氷は思った以上に素早く、滑らかな出来に驚きました。

青紫蘇のドレッシング

| コメント(7)


IMG_7294.jpg

レタスと水耕栽培の葉っぱのサラダなんだが、脇のヤツはプチプチトマトです。普通のプチトマトよりひとまわり小さい。問題はドレッシングで、しそドレッシングを作ってみた。和風のドレッシングとしてはポピュラーな存在で、でも、自分で作るのはちょっと大変。ナニが大変って、青紫蘇の葉っぱを包丁で微塵切りに叩くのが面倒くさい。でも、コレがあれば一発だ。



ひとり暮らしの狭いキッチンにかき氷機はツライので、これ買ってみました。
毎週末氷を粉砕しまくりひとりかき氷と毎日冷凍フルーツでスムージー作ってビタミン摂取して猛暑を乗り切ってます。
ほんと楽しくて美味いね。
秋になったら魚を粉砕して鍋はじめますよ。
冬は・・・何粉砕しようかな~♪
まあ、小さいから作り置き派の人やたくさん食べる人とかには物足りないかもね

クイジナートの一番容量の大きいフードプロセッサーを使っています。便利なのですが、少量で使いたい時には若干、不便を感じ一番小さいサイズの購入を考えていました。置き場所もいるのでなかなか購入に踏み切れずにいました。そんな時雑誌で紹介されていたのがレコルトのカプセルカッターでした。かき氷もできると書いてあったので購入。角氷で作ったかき氷は思った以上に素早く、滑らかな出来に驚きました。


青紫蘇、タマネギ、米酢、サラダ油、醤油、砂糖などをカップに入れて、上から押すだけ。わずか数秒で、よく撹拌された青紫蘇のドレッシングが出来ます。このフードプロセッサー、ドレッシングを作るには最適のサイズです。

鶏胸肉のスパイス揚げ

| コメント(6)


IMG_7254.jpg

普通の唐揚げではなく、スパイス揚げです。以前、カレーを自家調合していたので、スパイス類は色々と揃っている。で、クミン、コリアンダー、レッドペッパー、ブラックペッパー、塩などを適当にまぶして、胸肉を揚げてみた。衣は、まずは片栗粉をまぶして、次に小麦粉をまぶして、もちろん二度揚げです。あー、ビール飲みてぇ。といったお味ですw



トマトのドレッシングが美味しい

| コメント(6)


IMG_7216.jpg

トマトのドレッシングが美味しくて、昨日も取り上げたんだが、もう一度、今度は詳細に作り方を書いておく。まず、ベースになる「酢」なんだが、メインは白ワインのビネガー。あと、バルサミコを風味付けにちょっぴり。レモン汁で引き締めて、「酢」の合計より5割ほど多めのオリーブ油、塩胡椒と蜂蜜で味付けして、シャカシャカして、ドレッシングはこれで完成なんだが、ここで味見して存分に酸っぱくて塩っぱくて甘くて、味が濃ければ、そこに細切れにカットした完熟トマトをぶち込む。

西洋には「トマトの時期には下手な料理はない」ということわざがあります。トマトは「うまみ成分」である「グルタミン酸」「アスパラギン酸」の宝庫で、「グルタミン酸」と「アスパラギン酸」が4:1の割合で含まれるとき"最もトマトらしい味"になるといわれています。
トマトの旨みが加わって、これで最強のドレッシングが完成、と。もちろん、白ワインビネガーとか、バルサミコでなくも普通の米酢でもやれない事はない。



IMG_7155.jpg

ポテトサラダじゃありません、マッシュポテトです。入っているのは、カリカリに焼いたベーコン。あとは、ベーコンから出た脂と、バターと、生クリームと、牛乳。マッシュポテトの素を以上の材料で練って、練って、それだけです。塩胡椒で完成。ほかの具を入れてしまうと、日本式の、わけわかんないポテトサラダになってしまう。ハムとか、胡瓜とか、ニンジンとか。西洋のpotate salad は、ジャガイモと、多くは林檎が入ってますね。何故なのか? 見てくれが似ていて、食感が違うという意外さが面白いのか? 日本では何故か、ポテトサラダというと、これでもかとばかりにジャガイモをすり潰してしまう。まるで親の敵みたいに。マッシュポテト作って、そこにハム人参キュウリ入れてマヨネーズをタップリ和えて、和風ポテトサラダなんだが、それでは「マッシュポテト」の立場がないですw 「ポテトサラダのジャガイモは潰さない」国民運動を起こそうかと思うんだが、面倒くさいのでどうでもいいです。

スカイライト

| コメント(12)


IMG_7081.jpg

スカイを入れてメインにしたので、だいぶ自然な感じにはなって来たか。ちなみにスカイが最も苦労したところで、元々付いていた吊り下げ照明を外して、12.5wのビームライト交換用LEDを仕込んだ。ライトの下に、半透明の傘を逆向きにセットしてある。こんな感じです。

オールLED

| コメント(14)


IMG_7069.jpg

オールLEDに照明を替えてみたんだが、今までのセッティングではどうも上手く行かない。LEDは光が拡散しないという特性があって、後ろから当てただけではコントラストが強すぎる。今まではすりガラスのクリプトン球だったので、程よく拡散してくれていたわけだ。もっとも、シャッスピードはこれでも1/40と、一段早くなっているので、手振れは解消できそう。今まではせいぜい1/20で、よくブレていた。仕方ないので、10枚くらい撮って、一番ブレの少ないのを使っていた。これから「スカイ」のセットを自作します。

ちなみに、サラダは「ミニセロリ」「ベビーリーフ」「京菜」、ドレッシングは白ワインビネガー、バルサミコ、レモン、オリーブ油、粒入りマスタード、塩胡椒、砂糖です。



テーブルフォトセッティング

| コメント(4)


IMG_7044.jpg

いつもの料理写真を撮っているセットです。普通のクリップライトが三つ、電球はすりガラスのクリプトン球で、ひとつが40w。つい最近になって、そのうち一つをLEDに変えました。コレが、たった4wなんだが、やたら明るいわけです。写真では小さく見えている光源の物ですね。LEDで効率が良いというのもあるんだが、光束が狭くて拡散しないから、というのもある。完全にスポットライトです。あまりに強力なので、手前に置いたレフ板に当てて、カメラ側から被写体を起こすのに使っている。それにしても、こうした安いクリップライトも、どんどんLEDに変わってますね。低い消費電力でやたら明るいので、便利は便利なんだが、光の性質が今までの白熱電球と全く違うので、工夫が必要だ。

ジャガイモ潰すな!

| コメント(8)


IMG_7035.jpg

ポテトサラダなんだが、ちょっと気になった事があって、たとえばgoogleで「ポテトサラダ」と画像検索してみる。結果はコレなんだが、次に「potate salad」で画像検索。同じ料理と思えないくらい、見てくれが違う。日本のポテトサラダは、完全に潰してあるが、外国のpotate salad は茹でたジャガイモを包丁で切っただけですね。これが、ささいな違いかというと、そうでもない。実は、味にまで違いを及ぼす。キューピーのサイトによれば、「マッシュの具合によって、マヨネーズの必要量が変わります。(細かくマッシュしているほど、マヨネーズの必要量は多くなります)」とある。つまり、あまり細かく潰してしまうと、それだけ味付けを濃くする必要がある。外国風の潰さないポテトサラダは、実は、あまり味が濃くない。しかも、ジャガイモがカタマリで残っているので、ジャガイモの味と、マヨネーズの味がそれぞれ独立して味わえるというわけだ。

あの時君は若かった

| コメント(12)


グループサウンズについて。おいらが中学生くらいの時が全盛期だったのかな。そのちょっと前にビートルズとかベンチャーズがやたら流行った時期があって、コピーバンドが日本中に出来た。小学生が講堂の掃除を命じられると、必ず箒を抱えて真似したもんだ。「ビートルズとベンチャーズと、どっちがギター上手か」なんていう不毛な議論を熱っぽく語ったりw そんな中から、和製エレキバンドとしてのグループサウンズが始まった。で、代表格がこのザ・タイガースですね。



フルーツサンド

| コメント(24)


IMG_7021.jpg

フルーツサンドを作ろうと思って食材を揃えるためにスーパーに行ったんだが、生クリームが品切れで、そういやおいらも生クリームなんて物は滅多に使いませんね。仕方ないのでもう一軒の店に行ったら、そこでも生クリーム売場には一種類だけで、それも200ccのが二つだけ。よっぽど売れないんだろう。田舎にはそんな高級な料理を作るヤツはいないという事か。で、このところサラダを研究中で買ったのがコレです。大きなフードプロセッサーは持っているんだが、ドレッシングは少量なので、今のフードプロセッサーでは作りにくい。つうか、実質的には作れません。で、前から小さいフードプロセッサーが欲しかったのだ。



ひとり暮らしの狭いキッチンにかき氷機はツライので、これ買ってみました。
毎週末氷を粉砕しまくりひとりかき氷と毎日冷凍フルーツでスムージー作ってビタミン摂取して猛暑を乗り切ってます。
ほんと楽しくて美味いね。
秋になったら魚を粉砕して鍋はじめますよ。
冬は・・・何粉砕しようかな~♪
まあ、小さいから作り置き派の人やたくさん食べる人とかには物足りないかもね

クイジナートの一番容量の大きいフードプロセッサーを使っています。便利なのですが、少量で使いたい時には若干、不便を感じ一番小さいサイズの購入を考えていました。置き場所もいるのでなかなか購入に踏み切れずにいました。そんな時雑誌で紹介されていたのがレコルトのカプセルカッターでした。かき氷もできると書いてあったので購入。角氷で作ったかき氷は思った以上に素早く、滑らかな出来に驚きました。

とさかのりとおごのり

| コメント(3)


IMG_6996.jpg

梅ドレッシングの海鮮サラダです。海鮮というと定番になっているのが、この海老だね。市場で剥き海老売っていたので、それを茹でる。海老が新鮮なので、中まで白くならなくてもいいだろう。プリプリの食感を残した所であげて、冷水で冷やす。あとは、トッピングで、トビッコとイクラ。ベースになっているのは、レタスとベビーリーフです。





IMG_6977.jpg

いつも手作りハムを買っている三島だいいちハムでは、時々「ハムチップ」という物を売っているわけです。ハムチップというのは、ハムの端っこの部分で、スライスして売れない部分だ。特に燻しが効いているので、おいらの好物だ。見かけると必ず買っているけど、いつもあるとは限らない。たまたま今回のハムチップはベーコンの端っこがたくさん入っていて、しかも食遊市場に行ったら「ペコロス」が出ていた。それに、今は芽キャベツの季節ですね。それにジャガイモも小さいのが売っている。なんか、まるで導かれるようにして、ポトフの食材が揃ってしまい、こりゃもう、作らざるを得ないというもので、それにしても芽キャベツというのは季節モノなので、ここまできちっとラインナップが揃うポトフが作れるのは今だけです。

地海老の素揚げ

| コメント(10)


IMG_6940.jpg

海老の素揚げ。市場のPOP書きが達筆過ぎて、ナニ海老なのかよく判らないんだが、地元の駿河湾でとれた海老です。海老の料理でもっとも簡単で美味しいのが、この素揚げなんだが、海老が大きいとうまく行かない。頭までボリボリというには、適度なサイズというものがある。で、今日の海老はそのサイズです。写真は調理後なので、少し小さくなっている。ナマだとひと回り大きいサイズです。



さて、若山牧水は著作権が切れているので、無料で読めますね。LAN環境のある方でしたら、コレです。



わずか7980円で、日本文学全集並みのコンテンツが全て無料で読めます。青空文庫さんのおかげです。上級機種のキンドル・ファイアだと、カラーの画面になるので、ネットも見られます。15800円です。おいらも便利に使ってます。


BLTのトーストサンド

| コメント(10)


IMG_6934.jpg

BLTといえば、サンドイッチの定番中の定番で、ベーコン、レタス、トマトです。以前、オープンタイプのヤツは作ってみたんだが、これじゃ重ねると食べにくいという人もいて、今度はシッカリと、重ねて食べるためのBLTサンドです。三種類の具材をそれぞれ別にパンで挟むと、4枚のパンが必要になる。パンは生でもいいんだが、トマトもレタスも水っぽいので、ここはトーストだな。バター塗って、細かくちぎったレタスを敷いて、塩胡椒ふって、更にパンを乗せて、薄切りトマトを敷いて、塩胡椒ふって、パンに染みると、今回はパンが薄いのでベチャベチャにだらしなくなるので、塩胡椒だけです。ベーコンはカリカリに焼いて、すべて乗せたら上からブレスして完成。今回はパンが9mmと薄いので、4枚重ねてもいい具合に食べられます。


春のツナ缶サラダ

| コメント(8)


IMG_6901.jpg

新タマネギが出始めた。これから春にかけてが旬で、甘みがあって癖がないので食べやすい。そこで、サラダです。タマネギと相性が良いのは何だろうね? 5秒ほど考えて、そうだ、ツナだ、と思い至った。タマネギスライスの上にツナ乗せてマヨネーズだけでも食える。ツナはいいよね。パカッと缶を開けるだけだし。それに、ツナ缶は静岡県の特産品です。清水港あたりが基地になっていて、静岡県のツナ缶は品質的にも世界一だ。

サラダのトッピングによく合まぐろの油漬けです。
良質なきはだまぐろを細かくフレークし、おいしく大豆油漬けしました。
シーチキンは、はごろもフーズの登録商標の缶詰です。

いわゆる「ツナ缶」ですね。
ちゃんとカツオでなくマグロでした。
とても美味しくいただきましたし、送料無料はありがたいです。


バレンタイン・テディ

| コメント(10)


IMG_6895.jpg

太宰治の愛した店です。三島広小路ララ洋菓子店です。毎年、バレンタインが近くなると、この熊さんが店頭に出て来るw 大きいのが3250円で、小さいのが700円。生チョコ「箱根の石畳」も売っている店なので、味については保証付き。誰もこんなものくれないので、自分で買いますw 

伊豆のワサビ寿司

| コメント(12)


IMG_6878.jpg

いなり寿司と太巻き。ありふれたお寿司なんだが、酢飯に山葵の三杯酢漬けを細切れにして混ぜ込んである。寿司に山葵といえば、これはもう、言うまでもない相性の良さで、合わない筈がない。でも、酢飯に山葵の茎や葉っぱを入れるというのはあまり聞いた事がない。実はコレ、伊豆のとある旅館が出している物なんだが、あいにくと料理のレシピには著作権も肖像権もないので、コピーし放題です。あたりまえ。そんなものに権利が認められたら、カツ丼食うたびにJASRACにカネ払わなきゃならないw 



初出/2008-11-14



 ギターがぶっ壊れるよというくらいうねるスライド、壊れたボーカル、ドライブ感いっぱいのバックと、いやあ本当にすごい。吼えるブルースあり、ブギあり、もうこれじゃあハード・ロックだよという曲ありです。CDのプレイボタンをプッシュすると同時に凄まじいパフォーマンスが始まります。
 CD1には1951年から1953年の、CD2には 1954年から 1957年録音の楽曲が収められています。wild about you、Dust My Broom などエルモアの代表曲はほぼ網羅されています。音質も最高。怪しい針プチだらけの廉価レーベルのCDではありません。解説はほとんど無いに等しいですが、不要でしょう。この圧倒的な音の前には。
 ロックを聴いてる人には一番とっつきやすいブルースかも。いや、全音楽ファン必携!


和風ソースと山葵乗せのステーキ

| コメント(3)


IMG_6853.jpg

今日はステーキ。とはいえ、輸入肉で、三枚1280円です。大きさはワラジほどあるものの、厚みは10mm。この厚さではレアとか言ってらんない。どう焼いてもウェルダン。まぁ、普通の晩飯としてはこんなもんだろう。せっかくサイズだけは大きな肉が焼き縮みしないようにしっかり筋切りして、ステーキの基本、焼く前にしばらく室温に馴染ませる。その間に付け合せを作ります。

花芽山葵の三杯酢

| コメント(2)


IMG_6843.jpg

毎年、春先になると出て来るんだが、山葵の花芽です。ハシリなので高い。市場で一束550円だった。中伊豆のJAなら、時期になると150円なんだが、ハシリなので仕方ない。ちなみに南伊豆の産です。コレは三杯酢にして食うというのが定番で、おいら流のレシピでは、米酢、三河味醂、白醤油、砂糖。買って来た状態では長いので、適度なサイズにカットして、ちょっと塩で揉んで、80度のお湯にくぐらせて、漬け込んで三日くらいが食べ頃。以前、お湯にくぐらせるのを省略して作ってみた事もあるが、それでもうまく行った。まぁ、好みでどっちでもいいだろう。お湯にくぐらせないと、浸かるのにちょっと日数がかかるかも知れない。で、これは微塵切りにして伊豆風のお稲荷さんを作るのに使います。山葵の入ったお稲荷さんというのは、なかなか良いモノです。ところで、このメニューに関しては、昔、書いたものがあるので、以下、再録しておきます。



別に日本で公開するために作ったわけではないので違和感がかなりあります。どうしたらジャン・レノの遺伝子から広末涼子みたいな娘が生まれるのだろうかとかイロイロですが。私の最大の違和感は皿いっぱいに出てくるワサビが粉ワサビだというじじつです。どうせ出すなら本物のワサビにして欲しかった。

腹いっぱいになるパワーサラダ

| コメント(0)


IMG_6826.jpg

パワーサラダと呼びます。コレだけで腹一杯になるという、ボリューム的にも栄養的にも大満足のサラダです。とりあえず材料だけを書き並べてみると、ワサビ菜、イタリアン・ロケット、トマト、胡瓜、ロースハム、ミートローフ、それらを適当なサイズにカットして、他には、ジャガイモを茹で、プチベール(芽キャベツの新種。静岡の特産品)を茹で、玉子を茹で、余ったパンから作った大量のクルトンと、こうした火を通した系の食材がパワーサラダのパワーの源泉ですw まぁ、冷蔵庫漁っただけなんすけどねw



初出/2008-11-24/2013-2-9加筆


東京アウトローズさんちで、「太郎さんの味方ですよ」というので、世の中には字が読めなくても偉業を成し遂げた人がいるので、麻生太郎ちゃんも頑張ってね、という話をしているんだが、他でもない、ビリー・ホリデイです。彼女は字が読めないので漫画雑誌ばかり見ていたというんだが、楽譜も読めなかったらしい。
「楽譜なんて、あんなの音楽がわからないヤツが必要とするアンチョコみたいなもんじゃない。あたしには耳があるわ。歌を聴く心があるわ」
いやぁ、痺れるセリフだねぇ。ジャズマンと娼婦のあいだに生まれた彼女は、幼くして感化院を卒業して売春婦となり、やがてジャズに出会って歌いはじめる。まだ幼さの残る少女娼婦の歌に、ハーレムの非合法ナイトクラブの客たちは涙したという。以下、エリノラというのが彼女です。

<

芽キャベツの6割は静岡産

| コメント(15)


IMG_6802.jpg

芽キャベツの季節です。意外に知られてないんだが、芽キャベツは静岡県の特産で、全国の60パーセントを作っている。残りのうち38パーセントが茨城県で、その二県以外で作られる芽キャベツはわずか2パーセントです。多分、冬としては温暖で、日照時間が長いというのが、この二県の特産になっている理由だと思う。

平成20年における全国のメキャベツの収穫量は、522トンで、 このうち、静岡県は315トンで全国1位となっています。
日本一の生産量を誇る静岡自慢の一品です。
また、全国の作付面積は42ヘクタールですが、このうち、静岡県は25ヘクタールを占め、作付面積でも全国1位となっています。
メキャベツは、茎に沿ってびっちり生える"わき芽"のことで、一株から60~70芽採れるものもあります。
ちょうど今の季節、静岡のTVでは芽キャベツのCMをやってるんだが、歴史の新しい野菜だけに、調理のバージョンが少ない。たいてい、シチューに入れるか、ポトフにするか。海外では物凄く安いらしいが、日本の芽キャベツは高いですね。高いのは、あまり売れないからだと思う。こういうのは、良く売れるのであれば、どんどん値段が下がる。消費促進のために、芽キャベツの新しいレシピを考えるべきではないか? というわけで、サラダを作ってみた。

サーモンと千枚漬けの押し寿司

| コメント(3)


IMG_6786.jpg

押し寿司が好きなんだが、握り寿司より好きかも知れない。で、本日の工夫は「千枚漬け」です。冬の定番ですね、千枚漬け。おいら、以前、京都に仕事で行った時に、暇なので、千枚漬け作るところをずっと眺めていた事がある。蕪を薄く切って、昆布と漬け込むだけの簡単な作り方なんだが、昆布の旨みが蕪に沁みて、そら、美味しくなるわけだ。これもおいら、大好物です。




IMG_6776.jpg

矢作俊彦スタイルのサンドイッチです。矢作俊彦という人は、毎朝ステーキを食ってるらしい。原稿書いた枚数分の重さのステーキを食うらしい。34枚書くと340gとかw 原稿が書けなくてもヤケで食うらしい。付け合せで特徴的なのは、ステーキより多い量のクレソン。こんな大量にクレソン食うヤツは始めて見たw とはいえ、クレソンはオヒタシにして鰹節と醤油かけて食っても旨いんだけどね。

B! L! T!

| コメント(5)


IMG_6721.jpg

本日の朝食はBLTです。ベーコン、レタス、トマトでBLT。栄養的にバランスがとれた組み合わせで、非常にポピュラーですね。サンドイッチの基本です。パンは、天城のかたつむり天然酵母の田舎パンです。浄蓮の滝のちょっと先にある、ログハウスの喫茶店です。実は、ここのパンと同じ系統のパンを、いつも貰って食っていたので、おいらにとっては標準的な味なんだが、持つとずっしり重くて、中身が詰まったパン。腹持ちがいいのも特徴で、この系統のパンを食いつけた人は、街のこ洒落たパン屋のパンは「お菓子パン」と呼んで馬鹿にします。こちらは「ご飯パン」だそうですw パンというのも、一種の宗教みたいなもんで、流派があるらしい。



内容はかなり高度で、ある程度思い通りの天然酵母パンが焼けるようになった人がさらに自分の表現力の範囲を広げるために読むものだと思う。著者の理想や哲学が随所に感じられ、視野が広がる。一つ一つの作業に関して著者なりの根拠が挙げられていてアカデミックな印象を受ける。
まぁ、パンと言っても色々ある。コンビニパンはひたすらフワフワして口当たりが良ければそれでいいが、食ったという満足感がない。こういう田舎パンは、そのまま口にしてもバサバサしてとっつき悪いんだが、調理に工夫をこらすと化ける。おいらにいつもパンを恵んでくれる人というのは、趣味が嵩じて何百万もするパン焼きカマドを買ってしまったようなオバチャンで、そのくせ評判になってあちこちから注文が入ると「面倒くさい」と商売にするのを拒否してしまうような人なので、こういうパンはなかなか商売にはなりにくいのかも知れないが。


IMG_6697.jpg

酢豚にパイナップルが入っている必然性とかいうヤツがいるもんで、コレなら文句ねーだろ、という必然性酢豚です。もうね、「酢豚にパイナップル」が入っているんじゃない、「パイナップルに酢豚が入ってる」んだから、文句は言わせないw 



初出/2011/10/23

IMG_1515.jpg

酢豚が大好きなんだが、半分生みたいなタマネギと、あまつさえ胡瓜までもが半分生で、トドメに生暖かいパイナップルまで入って、そういう嫌がらせフルラインナップの酢豚が大好きなんだが、まぁ、賛否の別れるところで、特にパイナップル。酢豚のパイナップルが嫌いな人が多い。でも、パイナップルの入らない酢豚は酢豚じゃないね。

鶏ガラスープ

| コメント(3)


初出/2011/5

IMG_1334.jpg

肉団子の入ったチキンスープ。こういうのは作ろうと思って作るもんじゃない、カレー作ったり、中華作ったり、そのために鶏ガラ買い込んでせいぜい数十円なので、コトコトと出汁引くわけで、たいてい鶏ガラスープが余るので、その活用法です。もちろん、市販の鶏がらスープの素みたいなものを使ってもいいんだが、本物の鶏がらの方が美味しく作れます。


営業報告

| コメント(5)

graf1212.jpg

営業報告です。去年の12月がAmazon強化月間で、売上げ400万突破という記録を作っていたので、1月はそれほどでもないが、300万超えで、まあまあです。売上げ点数は伸びているんだが、金額的にはまだまだ。高いモノがもっとたくさん売れてくれると嬉しいんだが。とりあえずSHARP応援で、プラズマクラスタ空気清浄機、たくさん買ってくださいw





IMG_6683.jpg

去年の12月にもロールキャベツはやったんだが、今回はベーコン巻いて一層グレードアップですw つうか、「どうやって止めるか」論争というのがありまして、ベーコン巻いても端っこを結ぶわけにも行かず、やはり解決策にはなりません。コメント欄で「ねじ込み方」というのを教えてくれた人がいて、「キャベツにタネをのせ、片側だけ葉を折って手前からしっかり巻き→巻き終わったらもう片側を内側に押し込む」というんだが、今回はそれでやってみた。鍋をかき回したりしなけりゃ、これで大丈夫。煮ている最中も、取り分けの時も、それなりに気を使うけど。

サルビアの花とジャックス

| コメント(7)




この時代、騒々しかった70年安保の余波も収まり、反体制の象徴だったフォークも変質を遂げようとしていた。はっきり言って、ラジオから流れる「フォーク」が、軟弱な歌ばかりになって行ったのだ。で、記憶にあるのが「サルビアの花」と「夕暮れどきはさびしそう」ですね。この二曲はそれこそ毎日のようにラシオから流れていた。NSPについては今回は置いといて、「サルビアの花」です。



ヤマハ・ポプコンの足跡を辿ってみると、1970年代から80年代にかけて日本のポップスシーンを引っ張ってきたことがこのCDを聴いていますと良くわかります。名曲揃いですね。
特に思い出に残る曲は、もとまろが歌う「サルビアの花」ですね。
もとまろの歌唱はとても哀愁があり、泣きそうなくらいに切ない歌詞を淡々と歌います。フォーク全盛時代の曲ですが、そのメッセージ性が当時の若者には受け入れられたわけです。大学紛争を経ても何も変らなかった1970年前半の社会の閉塞情勢とも関係があると思います。
あれから30年以上経ちました。「サルビアの花」を覚えている人も少なくなりました。
ただ、青春時代特有の甘酸っぱい思い出を彷彿とするようなこの曲は「エヴァー・グリーン」の輝きを今も放っています。

癒しの熱帯楽団again

| コメント(1)




さて、マーティン・デニーの二回目ですw いやぁ、癒しの熱帯楽団ですね。一曲目は。代表作の「クワイエット・ビレッジ」。この曲で彼は全米トップに登りつめ、熱帯の曲といえばコレが定番になった。今でも盛んに演奏されてます。歌詞も付いたらしい。それにしても、鳥の声も含めてわずか5人で演ってるとは思えない、音の充実ぶりです。



IMG_6663.jpg

キューカンバーサンドなんだが、「パンが厚い」というご意見頂きまして、さっそくベーカリーに注文して思いっきり薄く切って貰ったんだが、前回の「一斤8枚」が13mmなのに対して、こちらは10mmです。これくらいの薄いヤツだと、手では切れない。スーパーでも売ってない。ベーカリーに特注するしかない。ところでキューカンバーサンドの作り方には、また別の方法があるようで、キュウリを薄く切ったらそこで塩ふって、水出しして、キュウリに溶かしバターを絡めてから、パンに敷き詰める、というやり方。いずれにせよ、キュウリの水分をうまく抜くのが、美味しいキューカンバーサンドのポイントになる。



ところで、上の魯山人は無料のコンテンツです。キンドルを持っていると、こういうのがたくさんあって、古今東西の名作が無料で読めます。魯山人の随筆だけでも60本以上。15800円の本体ひとつで、日本名作全集ですw







IMG_6623.jpg

イギリスパンを分厚く切って、溶けるチーズ乗せてオーブンで3分。暖まったトーストにフロマージュ・ド・テット。ほどよく熱がまわると、ゼラチンが溶けて、こんな感じになります。フロマージュ・ド・テットというのは煮こごりの一種で、赤身の細切れをゼラチンで固めたもの。本来はアタマの肉を骨とともにコトコト煮ると、骨から出たゼラチンで固まるらしい。フランスでは「懐かしい味」といわれるお惣菜の類いだそうだが、日本でもお洒落なフランス料理屋あたりでは食えるかも知れない。ネットで売っている業者もいます。粒入りマスタードを付けてそのまま食べてもいいんだが、三島だいいちハムではこれをハムみたいに整形して売っているので、脂の少ないヘルシーなハムの一種としても使える。



IMG_1189.jpg

オープンサンド。このところちょっとダイエット志向で、コメの飯を止めているんだが、パンの上にオカズ乗っけて「オープンサンド」という立派な名前が付きますw パンは、雑穀の入った自然酵母のものが、食った気がしていいよね。都会的なパンというのは、スカスカで腹持ちがしない。田舎の素人が作る、ミッシリと重いのが理想だ。熟女のお尻みたいに丸くて重いヤツ。それをスライスして、適当なサラダを乗せる。サラダはしっかりとドレッシングで味付けしてあります。パンにもしっかりとバターを塗ってある。つうか、パンはオーブンでカチカチに焼いてある。

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山