祝! 美輪明宏、紅白出場!

| コメント(21)


紅白歌合戦に、なんと美輪明宏が初出場というので驚きなんだが、この人、今では怪しい説教を垂れ流す元祖オカマみたいな感じで、スピリチュアルとか、アレなんだが、元は歌手です。

上京し高校へ進学、しかし家業が倒産し中退、翌1952年、17歳になった美輪は新宿駅で寝泊りしていたが銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』との専属契約が叶い歌手デビュー。国籍・年齢・性別不詳として売り出す。 次第に人気を博し、三島由紀夫、吉行淳之介、野坂昭如、大江健三郎、中原淳一、遠藤周作、寺山修司、なかにし礼らの支持を得る。

1957年、 フランスのシャンソン『メケ・メケ』を日本語でカバーし、大ヒットとなる。元禄時代の小姓の衣装を洋装に取り入れ、レース地のワイシャツなどを身に纏いユニセックスファッション[3]と、「天上界の美」と三島由紀夫が絶賛した美貌で、マスコミから「神武以来の美少年」、「シスターボーイ」と評され一世を風靡する(自伝『紫の履歴書』)。同じ1957年製作の映画『暖流』(増村保造監督。大映)に歌手で出演しており、カラー映像で当時の美輪の流麗な姿を見ることができる。

『メケメケ』以来のブームは1年程で沈静化。その間に週刊誌で自身が同性愛者であることを公表したことや、旧来のシャンソンのイメージ(美輪曰く 蝶よ花よ、星よ月よに終始する「おシャンソン」)に無い、自ら訳した生々しい内容のシャンソンを歌ったことに対する反発もあり人気は急落する。
丸山遊郭でカフェをやっていた家で育ったんだが、歌手を目指して上京。実家が倒産したためにホームレス生活を送った事もある。さすがにおいらも、この人のデビュー当時は知りませんw なんせ、77歳、デビューから60年です。紅白に77歳で初出場というのは、最高齢記録だそうです。デビュー60年での初出場も史上最長記録だそうです。この人の歌はねぇ、もう、次元が違うとしか言いようがない。で、まずはデビュー作のメケメケ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この人の人気が再燃したのは、何といっても「ヨイトマケの歌」だ。これは覚えている。おいらの小学生時代だ。TVで見たんだが、異様な迫力だった。「メケメケ」はシャンソンだが、コレは自作です。この時代、まだまだ自分で作って自分で歌うというスタイルは少なかった。つうか、ほとんどなかった。この時代はまだ「丸山明宏」の名前です。美輪明宏の場合、フランスのシャンソンを歌っても、自分で歌詞を翻訳するケースが多いです。歌謡界でもシャンソン界でも、並外れた異端児です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

めんどくせぇ女だなぁ、という感想がYoutubeに書き込まれていて笑ったんだが、女じゃないです、オカマですw おいら、むかし付き合っていた某西洋骨董の店で、美輪明宏の噂を聞いた事があるんだが、物凄く高価な骨董品の家具を買って行って、みんな白に塗ってしまうそうで、呆れていたw とにかく、自分の独自の価値観を大事にする人なんだろう。この曲、紅白でやって欲しいw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夜のタンゴ」というのは、バルナバス・フォン・ゲッツィの名曲です。戦前に流行ったダンス・ミュージックで、美輪明宏の生まれ育った丸山遊郭のカフェでも、こういうのがかかっていたんだろう。コンチネンタル・タンゴの味わいが、さすがです。ホンモノを知っている強みです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エディット・ピアフの熱唱で有名な曲で、日本では越路吹雪が流行らせた。その「愛の讃歌」を、爺さんだか婆さんだか不明なオカマが歌います。物凄い迫力。しかし、それにしてもK-POPを追い出して美輪明宏を登用したNHKの英断には拍手を送りたい。とともに、美輪さん、何となくチャンネルを合わせているだけの日本中のお茶の間を、あなたの歌で仰天させて下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近ではコレが代表作です。こういう曲は長いので、紅白ではやらないと思うが、もし、コレをやってくれたらおいら、一生、受信料払ってやる!


コメント(21)

それにしても、大トリではないと思うが、この人の後で歌う人はずいぶんやりにくいと思うw

やしきたかじんがやる美輪明宏のモノマネが面白いんですがw

森山愛子ちゃんver.もヨロピク
http://www.youtube.com/watch?v=aGD2C2t8M6M&feature=related


1935年生まれだとすると、ようやく大恐慌から抜けだし、ニューディール政策で世の中に活気が戻りつつ、第二次世界大戦へまっしぐに向かい10歳で終戦だ。長崎でピカドンも体験しているはず。終戦後の荒れ果てたどん底を感受性豊かな10代で過ごしたわけだ。脱原発と戦争反対を実体験から訴えることが出来る数少ないエンターテイナーですね。「老女優は去りゆく」の迫力が凄いこと。

あー、美輪さんは被爆者です。
それでひと頃は体調が悪かったらしい。

ヨイトマケの唄、久しぶりに聴きました。

これを聴いていて思ったのは、月並みだけど、やはりたたき上げで這い上がってきた人間の強さですかね。

そういう事で、政治家等も世襲ではなく、たたき上げでやって来て、かつ愛国者と言える、亀さんや河村さん達を支持したいと、改めて思った次第です。

メイクって言うか化粧はしてるんだろうが、「銀巴里」時の
妖しい美しさは絶句です。もちろん当事からの歌は魂を揺さぶられます。このように良いモノは理解なさるお耳をお持ちの野次馬さんでしたら、御自分の歌を人前でなぞ…

>>何となくチャンネルを合わせているだけの日本中のお茶の間を、あなたの歌で仰天させて下さい。

同意!

美輪さん、最初で最後の出場かも。
ヨイトマケか愛の讃歌かどちらかでしょうね。今の世相だとヨイトマケかも。森山愛子ちゃん上手━━━━!!
紅白歌合戦が楽しみになってきた。ももクロも出るしw

紅白歌合戦の出場者に思いを致すことは無かったから予め何も考えてはいなかったけれども、ちょっとビックリ。初めての出場だとは。で、紅組? 白組? それともピンク? 小林幸子氏との衣裳対決が見たかった。

独身の頃一時期はまって自伝だのリサイタルだの行ったw
スピリチュアルデブとのタッグは見るに耐えなかったけど、
こないだBS歴史館に天草四郎の回に出ててちゃんと喋ってた。

正直歌声は老いる前の方が好きかな。
というか、今更初登場ってのに驚いた。

この人自分の事を天草四郎の生まれ変わりだって言うんだけど絶対嘘だと思うんだ。
生まれ代わりじゃなくて本人なんじゃないかと。
今後表舞台から消える事が有ったら、人々が忘れたころにまた若返って別の名前で他人に成って「天草四朗の生まれ変わり」とか言うのよ。きっと。

>紅組? 白組? それともピンク?

本人は「ピンク」だと言ってましたw

うぅん、さすが本物ですね。

……白組か。

それでは久しぶりに
今も聞こえるハタラクトマケの唄~♪
失礼いたしました。

>物凄く高価な骨董品の家具を買って行って、みんな白に塗ってしまう

イギリスにフェラーリ買って並フェラーリは全部白に塗るおっさんが居るのを思い出したwww
275GTB/4なんて白に塗られれるレベルwww
赤いのは250GTOとか250TRとかぐらいwww


なんでも白く塗るなら白組で良いじゃんw

竹中労の芸能記事を文庫で読んだんですが、夜のお相手をしたあるバンドマンによると、丸山明宏は雰囲気重視のわりにちっとも良くなかったそうです。
ところで、以前、ヨイトマケの歌のルーツを話しているのをテレビで見ました。級友の母の愛だそうです。外見や思想信条は別にして、それだけで大変、好印象をもちました。

ヨイトマケ聞きたいけど、放送禁止用語が…
愛子ちゃんver.みたいに端折ったのを丸山姐さんが受け入れるか
どうやら。ピアフの生誕百周年は3年後ですね。でも恐らくNHKの
岡本太郎ドラマの主題歌を歌ってるので、あれをやるんでしょう。

水に流して
http://www.youtube.com/watch?v=O3I9XbrxVPc

放射能被害に関するあらゆる情報がマスコミで公開されているならともかく、そうではない今、長崎被曝者である「彼」を77歳で初出場させるのは、放射能による健康被害の過小評価を視聴者に擦り込むのが目的と考えざるを得ませんね。うちでは年内にもNHKは解約します。

なんじゃこりゃ→〈テレビを設置した住居に誰も居住しなくなる場合や、廃棄、故障などにより、放送受信契約の対象となるテレビがすべてなくなった場合は、NHKにご連絡ください。 こうした場合以外は、放送受信契約の解約はできません。〉

だから地デジ化の時に解約しろとあれほど言ったのにwww
『地デジ化しないので解約しますw』って電話すると7月分を返金してくれたのにwww

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山