2012年10月アーカイブ



IMG_5162.jpg

あまり知られてない魚なんだが、それだけに安く買える。ちょっとした鯖くらいのサイズで、200円です。旬は、夏から秋だそうです。通称「尾赤アジ」と呼ぶんだが、ムロアジの一種なので、大きいです。

オアカムロ(尾赤室) D. tabl Berry,1968 英名Roughear scad。日本での地方名はオアカ(東京・和歌山)、アカムロ(和歌山・高知)、アカアジ(鹿児島)、アカムツなどがある。 全長 50 cm。体型はムロアジに似るが、和名通り尾鰭が全体的に赤い。アカアジよりも体高が低い。日本・オーストラリア・ハワイまでの西太平洋、インド洋のアフリカ南東部沿岸、ノースカロライナからベネズエラまでの大西洋西岸に分布する。
50cmというのはちょっと大袈裟なんだが、この辺で売っているのは40cmくらいのが多い。伊豆七島とか、外洋に近いところで獲れるらしい。築地にはあまりあがらないようで、東京ではほとんど見ないね。「足が早いので、値が付かない」というんだが、今日買って来たコレは「千葉産」なので、わざわざ千葉から東京を越えて沼津まで持って来たわけで、単に東京の人は尾赤アジを食べる風習がないのかも知れない。でも、魚っ食いの静岡県人が認めた魚なので、味は良い。

時代のディーバ、安田南

| コメント(18)


プカプカという名曲、知っている人も多いだろう。歌っていた西岡恭蔵さんは1999年に亡くなってます。この曲に出てくる女のモデルが「安田南」だというのはよく知られていて、そもそもこの曲の別名が「みなみの不演不唱(ぶるうす)」というんだが、若かった西岡恭蔵は既にバリバリの売り出し中だった安田南に鼻先であしらわれたらしいw さて、そんな安田南とは何者だったのか?






むかし、FM東京で片岡義男と安田南のDJがあって、そこで知ったアーティストなんだが、初期のシカゴ・ブルースの大御所です。スライド・ギターの帝王と呼ばれている。つうか、この冒頭からケタタマシク掻き鳴らされるフレーズ一発、という感じなんだが、今でも色んな人にカバーされてますね。ZZTopも演ってます。この、エルモア・ジェイムズとか、次に出るサニー・ボーイ・ウィリアムスンIIなどが、若くして亡くなったロバート・ジョンソンと同世代で、共演していたらしい。ブルースマンとしては、エレキギター使ったのは早かったのかね。この人の動画は、探したけど見つからない。存在しないのかも知れないです。

ミスター・ブルースマン

| コメント(14)


この曲を作った作曲家というのは、今、三島の芙蓉台に住んでいるらしい。作曲が先で、歌詞があとから付けられているんだが、素晴らしいバラードが出来た、どんな歌詞が付くんだろうと楽しみにしていたら、いきなり関西弁でビックリした、と、作曲家が語っていたw 上田正樹は関西では既にブルースシンガーとしてそこそこ名が売れていたんだが、メジャーではこれ一曲だけですね。ブルースやってる人というのは、こういう普通の歌を歌わせても、どこか違う。上手いです。カッコイイです。弾き語りでやると、微妙にややこしいコード進行が続いて草臥れます。

帆船ライブ

| コメント(13)


ゲストのパーカッション付きです。入りのタイミングが絶妙w


帆船ライブ

| コメント(13)


ゲストのパーカッション付きです。入りのタイミングが絶妙w


いよいよ本日です!

| コメント(15)


ぬまづ港BARのお知らせです。バルという試みは、三島や他の街でもやっているんだが、港BARは沼津港という限られたエリアの中に53店舗が腕を競って新鮮な魚介類中心に展開するというので、コレはもう、見逃せない。有名な丸天さんでは、寿し八貫にドリンク付き、銀座のホステス連れた金持ちが来るので有名な超高級店双葉寿司でも、四貫に味噌汁付きと、信じられないようなサービス振りで、700円のワンチケットでもずいぶん楽しめる。こういう時に、魚商売の人たちというのは太っ腹ですw 前売り券は5枚綴りで3500円です。当日券は4000円になるので、ここは前売り券を買うべきだろう。ネットでも電話でも予約できるので、ぜひ、お願いします。で、なんせ港一番のお祭りなので、イベントもいっぱいです。

メインはJAZZなんだが、ストリートを使って幾つものバンドが投げ銭スタイルで展開、また、ジャグリングなどの大道芸もあります。
  10月20日(土)16:00~21:00
で、おいらなんだが、



当日は帆船Ami号が港BARのイメージキャラクターとして参加するので、船の上で突発ライブ開催です。昭和の歌謡曲垂れ流しです。菊川在住のRACCOさんというパーカッションがゲスト参加です。



おいらの出番は、6時20分と、8時20分、6時30分あたりで、「優しい悪魔」を演ります。ゲストのアドリブ加えて30分くらい演れたら面白いんじゃないかと。他には、若手のフォーク系バンド「RJ.classic」、還暦系実力バンドの「nicochans」も参戦。ライブのスタートは午後5時予定。場所は、沼津港に行けば判りますw 狭い港だし、帆船Ami号は目立つし、大雑把に言うと「みなと新鮮館」のすぐ脇です。

本日の炊き出し

| コメント(6)


IMG_5110.jpg

スタッフ用のお握り。全部で50個以上作った。紫蘇の実。ひじき、自家製オカカ、たらこ、ちりめん山椒です。現場で海苔も配布するので、パリパリでお召し上がり下さい。日本一の七尾たくあんが付きます。

IMG_5113.jpg

豚汁はまだ味付けが半分。現場で味噌を決めないと、香りが立たない。こちらも40人分くらい用意してあります。


IMG_5086.jpg

豚汁というのは、当然ながら豚肉で作る。普通はバラ肉です。脂身が多くて、良い出汁になる。豚肉以外で豚汁を作るという例は寡聞にして聞いたことがないんだが、唯一、例外はベーコンだ。ベーコンでも豚汁は作れる。むしろ、ベーコンの方が濃厚な出汁になるので、都合が良いかも知れない。で、やってみました。

むかし、横浜球場の裏手にデリカとか称したレストランがあった。地下に降りる階段の壁には、歴代大リーガーの名選手の写真が飾られ、色気の抜けきらない口達者なオバチャンが出迎えてくれる。出てくる食事は、米軍のレーションじみたテイストレスなアメリカの飯で、奥で調理しているのは白人の爺さん。あとで知ったのだが、その爺さん、元大リーガーの野球選手で、来日した時に、このオバチャンに捕まって、以来、日本に定住するようになったらしい。それでも野球が忘れられずに、横浜球場の裏で店をやっていたというわけです。おいら、その店で、藤竜也が女子大生を口説いてるのを目撃した事がある。その頃の藤竜也は、日本初の本番ハードコア俳優として有名だったなw そして、その藤竜也が「ヨコハマ・ホンキートンク・ブルース」を作詞したのも、その頃です。



10月20日はぬまづ港BAR

| コメント(8)


IMG_5075.jpg

昨日は三島BARで、おいらは一日中、犬小屋でギターの練習していたりだったんだが、土産に巻き寿司とか買って来てくれた人がいて、おいら三島BARには関わってないのでアレなんだが、人は出ていたようで、何よりです。BARというのは、3500円で5枚綴りのチケットを購入して、あちこちの店をまわって1枚ずつ使って楽しもうというイベントで、最近、軽トラ市と並んで流行です。色々と、やる気のある店が見られて面白いね。このお寿司は、生ハムとかサーモンとか、中にはチーズが入っていたり、洋風で工夫してある。で、来週、10月20日はぬまづ港BARです。



こちらは主催が「セールタウン沼津」という事で、帆船Ami号の関係でおいらも参加です。船上ライブ演ります。



「やさしい悪魔」は、パーカッション、サイドギター、リードギター加えて、お賑やかに、street gig スタイルで20分くらい演ろうと思う。多分、6時30分くらいです。当日、沼津港に来ていただければ、帆船Ami号が停泊しているのですぐに判ります。

10月20日はぬまづ港BAR

| コメント(8)


IMG_5075.jpg

昨日は三島BARで、おいらは一日中、犬小屋でギターの練習していたりだったんだが、土産に巻き寿司とか買って来てくれた人がいて、おいら三島BARには関わってないのでアレなんだが、人は出ていたようで、何よりです。BARというのは、3500円で5枚綴りのチケットを購入して、あちこちの店をまわって1枚ずつ使って楽しもうというイベントで、最近、軽トラ市と並んで流行です。色々と、やる気のある店が見られて面白いね。このお寿司は、生ハムとかサーモンとか、中にはチーズが入っていたり、洋風で工夫してある。で、来週、10月20日はぬまづ港BARです。



こちらは主催が「セールタウン沼津」という事で、帆船Ami号の関係でおいらも参加です。船上ライブ演ります。



「やさしい悪魔」は、パーカッション、サイドギター、リードギター加えて、お賑やかに、street gig スタイルで20分くらい演ろうと思う。多分、6時30分くらいです。当日、沼津港に来ていただければ、帆船Ami号が停泊しているのですぐに判ります。

ブルースを聞こう

| コメント(24)
さて、プルースを聞こう。つうか、今日のテーマは、いかにして白人がブルースを盗んでロックというカネになる商売を作り上げたか、なんだが。で、まずはビッグママ・ソントーンからです。ハウンドドッグからブルースハープ合戦へ。



錚々たるメンバーを従えて巨大なオバチャンが威張ってますw 確かにビッグママだ。ハウンドドッグは彼女の持ち歌で、プレスリーはカバーです。



1952年の録音。すっげぇ、カッコイイ。太鼓もいいね。コレを盗んだのがプレスリーです。この当時、黒人音楽は黒人しか聞かなかったので、盗んでも誰も気がつかなかった。まぁ、「盗作」というわけじゃない、ちゃんとカネは払っているんだろうが、初めて黒人音楽を耳にする白人たちには、こういうのが物凄く新鮮に見えたわけです。

熊本の溜め息

| コメント(28)


演歌歌手の八代亜紀がJAZZのアルバムを出したというので話題になっているんだが、まぁ、八代亜紀を知らない人もいないと思うんだが、こないだTVに出ていて、2ちゃんねるでは「声が出てない、八代亜紀ももう駄目だ」とか言ってる阿呆がいたけど、この人、昔からずっと、この声ですからw

トラック運転手や漁師、スナックのママといったコア演歌ファンを中心に圧倒的な支持を誇る超大物歌手。火の国こと熊本県出身。
71年に「愛は死んでも」にてデビュー。73年の「なみだ恋」が大ヒットを記録し、一躍人気歌手へ。その後は「しのび恋」(74年)、「舟唄」(79年)、「雨の慕情」(80年)など、国民的名曲を多く世に残した。彼女の歌の魅力は、楽曲自体の秀逸さもさることながら、あの絶妙なサジ加減で震える... Amazonの八代亜紀ストアで詳しく見る


やさしい悪魔

| コメント(13)



キャンディーズの「やさしい悪魔」というのは、意外にプロがカバーしてなくて、吉田拓郎の名曲なんだが、素人は結構、カバーしてますね。こんなん出て来たんだが、韓流らしい。韓流にしちゃ、217111回という再生回数は少なくないかい? 2012年9月5日発売なので、TVとか出てもいい頃なんだが、おいら、まだ一度も見てません。ツノダンスというらしい。つうか、プイサクです。なんか妙に馬面だし。



IMG_5032.jpg

御殿場というのはハムで有名なところで、「御殿場」の名前を冠したハムは色々とあるわけだが、米久とか、そういう大手は別として、御殿場のハムの元祖になったのが、今でも手造りハムの伝統を守っている「二の岡ハム」です。時は昭和の初期に遡るんだが、御殿場は東京から東海道線で行ける涼しい避暑地というので、外国人に人気の別荘地となる。二の岡フーヅのあるあたりは、アメリカ人が多く住んでいたために「アメリカ村」と呼ばれていたそうです。

 当時はまだ、日本では米国のような食生活があまり普及してはおらず、ましてや二の岡に至っては産業といえば稲作や養蚕くらいなものでした。彼らの欲する食材はほとんどなかったのです。そこで彼らは自分たちで養豚組合のようなものをはじめました。それが二の岡フーヅの前身なのです。このアメリカ村にボールデンさんという宣教師がおり、ボールデンさんはここに居住して地域の産業的伝導に尽くし、養豚の普及、ハム、ソーセージ等の食品加工法を地域に伝授してくれました。
 昭和初め頃にはハムの本格的な生産が始まりましたが、戦争の足音が高まり昭和11年にはボールデン夫妻も日本を離れることになりました。その時この味と技術を守ろうとしたのが初代主人、芹澤正策でした。
 もう亡くなられたボールデンさんが帰国の船の中で書かれた手紙と同封されたボールデン夫妻の写真は今も大切に保管しています。そして、もちろんアメリカ村の手作りの味は今でも固く守られています。
稲作と言ってもこのあたり、陸稲と呼ばれるあまり美味しくない米が多くて、ちゃんと美味しい米を作れるようになったのは、割と最近です。戦争で米国人は去ったものの、その後も夏の避暑地として御殿場は多くの別荘を抱え、ハムやソーセージの需要はあったらしい。

 戦前よりの製法を変えずにいまだに手造りにこだわっています。塩漬け、塩抜き、水切りはもちろんの事、ハムは一人ひとりの手でセロファンに包まれ、天じく木綿で、更にタコ糸でていねいにしっかりと巻かれていきます。また、燻煙に使う薪や、火の燃え方、煙の、回り具合にも気を使っています。手作業がゆえに、指の力加減、火入れの強弱で仕上がりが微妙に変化するのです。こうして、ひとつずつゆっくりと出来上がっていくハムの味は、時間とひとの手とまごころの力が作り出した本物の味なのです。
沼津西武でも売っているそうだが、基本的にはよそには出荷せず、工房に付属した売店だけで細々と売られている。ひっきりなしにお客さんが訪れて買って行きます。おいらも御殿場行ったついでに買って来ました。スモークド・アイスバイン。豚の筋だらけのスネ肉を、骨付きのまま煮てハムにする。しっかりと燻製してあるので、酒のツマミにも良いですね。小さなナイフでこそげ落としながらビールとか飲んだらシアワセな気分になれます。

IMG_5046.jpg

田舎風の鍋焼きうどん

| コメント(16)


IMG_4999.jpg

富士山麓の、御殿場、裾野あたりというのは「粉食地帯」で、溶岩由来の土壌の傾斜地で水が保てないために水田が作れない。寒いし。おいらの母方の実家というのが裾野の奥なんだが、蕎麦が名産のところです。山梨では「ほうとう」が名物なんだが、富士吉田には「吉田うどん」があるね。ところで「ほうとう」というのは甲州の郷土料で、日常的な食事なんだが、吉田うどんは日常食ではないそうで、というのも、ほうとうは野菜で量を増やした貧乏食なのに対して、吉田うどんは富士登山の客に振舞うための「ご馳走」だったとか。江戸時代は富士登山が盛んで、富士講と呼ばれる組織があって、次々に江戸から客が押し寄せた。

江戸時代には富士講が隆盛を極め、北麓地域では吉田宿や河口宿など富士参詣者相手の御師町が成立、そのなかで参詣客を相手にうどんも売られ始める。しかし専門の店舗を構えたものではなく、一般の居住用家屋を昼時だけ開放してうどんを供したといわれる。今でもその名残で、看板も暖簾も掲げない居住家屋の一階居間を利用した店舗が多く見られる。

また、江戸末期から昭和にかけて郡内地方における基幹産業は、女性が携わる養蚕や機織だった。一方、耕作地に恵まれない土地柄ゆえに男性はよその土地に行商に出、生活の糧を得る。行商から帰り、家で骨休めする男性たちは、機織や養蚕で忙しい女性に代わって炊事を受け持ち、昼食としてうどんを打った。さらにハレの飽食感を演出する必要性があり、コシ、硬さ、太さに特徴を持つ吉田のうどんが育まれたと言われている。
太くて堅くて、腰が強いという特徴だそうで、現地では馬肉とか入れて食べるらしい。むかしはどこの農家にも馬がいたもんだ。で、御殿場から山中湖に向かう途中、道の駅「須走」というのがありまして、ここは自衛隊グッズを売っている事で知られているんだが、吉田うどんの生麺を売っていたので買って来た。

山中湖と御殿場

| コメント(5)


IMG_4977.jpg

ずいぶんお洒落な朝食です。山中湖畔にあるペーパームーンというケーキ屋さんで、土日だけ限定のモーニング・サービスです。バイキング形式になっていて、自由に選べます。夏野菜のラタトゥイユとか、

IMG_4979.jpg

スクランブルエッグとか、モッツァレラチーズとトマトのバジルソース和えとか、ハムとか、あとは数種類のジュースも用意されているし、コーヒー又は紅茶が付きます。パンもあります。ここのパンは自家製ですね。以上のセットで1200円。



IMG_4898.jpg

水です。箱根の深井戸から採った水です。伊豆縦貫道の塚原インターから5分、見晴らしの良い高台です。



写真はクリックすると大きくなります。富士山、三島、沼津、天城山まで一望の大パノラマです。

IMG_0740.jpg

三島青果の建物はほぼ完成で、正式オープンは11月24日なんだが、そこでも使うための水だ。収穫した野菜は水道水で洗うと、塩素で傷んでしまう。一般的には、農家に井戸があって、そこの井戸水で洗ってから納品されるケースが多いんだが、今度の新しい三島青果では、場内でこの井戸の水を使って洗ったり出来るようにしたい、という事です。深さ200mから汲み上げられた水は、ご覧のタンクに貯められて供給される。汲み上げ量は毎分100リットルです。



IMG_4898.jpg

水です。箱根の深井戸から採った水です。伊豆縦貫道の塚原インターから5分、見晴らしの良い高台です。



写真はクリックすると大きくなります。富士山、三島、沼津、天城山まで一望の大パノラマです。

IMG_0740.jpg

三島青果の建物はほぼ完成で、正式オープンは11月24日なんだが、そこでも使うための水だ。収穫した野菜は水道水で洗うと、塩素で傷んでしまう。一般的には、農家に井戸があって、そこの井戸水で洗ってから納品されるケースが多いんだが、今度の新しい三島青果では、場内でこの井戸の水を使って洗ったり出来るようにしたい、という事です。深さ200mから汲み上げられた水は、ご覧のタンクに貯められて供給される。汲み上げ量は毎分100リットルです。



IMG_4898.jpg

水です。箱根の深井戸から採った水です。伊豆縦貫道の塚原インターから5分、見晴らしの良い高台です。



写真はクリックすると大きくなります。富士山、三島、沼津、天城山まで一望の大パノラマです。

IMG_0740.jpg

三島青果の建物はほぼ完成で、正式オープンは11月24日なんだが、そこでも使うための水だ。収穫した野菜は水道水で洗うと、塩素で傷んでしまう。一般的には、農家に井戸があって、そこの井戸水で洗ってから納品されるケースが多いんだが、今度の新しい三島青果では、場内でこの井戸の水を使って洗ったり出来るようにしたい、という事です。深さ200mから汲み上げられた水は、ご覧のタンクに貯められて供給される。汲み上げ量は毎分100リットルです。

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山